FOLLOW US

W杯に臨む日本代表の合宿2日目、午後練習ではミニゲームを実施

選手を指導するザッケローニ監督

 ブラジル・ワールドカップに臨む日本代表は22日、鹿児島県指宿市で合宿2日目の練習を実施した。

 練習には、発熱の影響で静養となった酒井高徳と、帰国直後でチームに合流していない川島永嗣長友佑都本田圭佑を除く日本代表19選手とトレーニングパートナーの坂井大将杉森考起の2選手が参加した。

 午前練習に引き続き、午後の練習も冒頭15分のみが公開され、フィールドプレーヤーはボール回しを実施。その後、2組にわけて、内田篤人吉田麻也香川真司、山口蛍、杉森の5選手がビブスなし、長谷部誠森重真人酒井宏樹柿谷曜一朗齋藤学の5選手がビブスを着用して、5対5のボール回しを行った。また、遠藤保仁今野泰幸岡崎慎司大迫勇也、坂井がビブスなしで、大久保嘉人伊野波雅彦青山敏弘清武弘嗣にコーチを加えたチームがビブスを着用し、GKを入れたミニゲームをこなした。

 日本代表は、25日まで指宿市内で合宿を行い、同日に東京で壮行会を実施。27日に国内最後の試合となるキプロス代表戦に臨む。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA