2014.05.19

W杯展望した福西崇史氏、日本代表のキーマンは「遠藤保仁」

福西崇史
新サッカーゲームの発表会見に出席した福西氏(右)と小澤氏(左)

 NHN PlayArt株式会社は19日、サッカー戦略シミュレーションゲーム『FOOTBALL DAY』の発表会を都内で行った。

 欧州名門リーグで活躍する数千の選手が実名・実写で登場し、選手一人ひとりのアルゴリズムを徹底的に追及するなど、リアルなシミュレーションシステムを実装する同ゲーム。会見に出席したサッカー解説者の元日本代表MF福西崇史氏、サッカージャーナリストの小澤一郎氏が、ブラジル・ワールドカップを展望。日本代表について触れた。

 話はまず、川崎フロンターレ所属のFW大久保嘉人選出についてからスタート。会見上にいたという小澤氏は「僕も(『おーっ』と)言いました。ほぼ間違いなく選ばれないと思っていました」とコメントすると福西氏は、「実力的に選んでほしいと思っていましたけど、ザッケローニ監督が最後選んだというのは驚きでした」と両者ともサプライズだったと語り、小澤氏は「ザッケローニ監督が本当に勝ちに行くため、世論の後押しもあって選んだんじゃないかなと。フロンターレが等々力でメッセージをイタリア語で発信するなど、細かい積み重ねですが、良いことだなと思った」と続けた。

 選出された23名について福西氏は、「高さはデメリットではありますが、動きではメリットの大きい選手たちばかり。そういう戦いをするというザックの選んだメンバーだと思う」と印象を語っている。

 キーマンは小澤氏が香川真司を挙げ、「左サイドから崩すのがキーポイントではないか」と展望。福西氏は自身の現役時代と同じポジションのボランチを務める遠藤保仁の名を挙げ、「どうやってコントロールするか。そこで展開や駆け引きが変わってくる」と期待を寄せた。また、「(長谷部誠と遠藤は)ずっとやっているから、阿吽の呼吸でできるので、強さは日本にある。山口(蛍)と青山(敏弘)の台頭もあるので、いい刺激になっているのでは」ともコメントし、ボランチについて話した。

 日本代表の本大会の予想では、小澤氏が「2勝1敗で2位抜けかなと。コロンビアが3連勝して上がる予想です」とコメントし、福西氏は「2勝1敗です。コロンビアに負けるかなと」と、両者とも同じ予想となった。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
31pt
福岡
29pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る