FOLLOW US

自主トレで全メニュー消化の内田「スタートラインに立ったところ」

合同自主トレに参加した内田篤人(中央)

 ブラジル・ワールドカップに出場する日本代表メンバーのうち、すでにシーズンを終えて帰国している内田篤人香川真司吉田麻也ら海外組の選手たち9名が、都内で自主トレーニング2日目を実施した。

 練習後取材に応じた内田は、次のようにコメントしている。

――今日の練習を見るとダッシュもしていて、だいぶ回復しているようだが、怖さは?

「チームの練習もしてないんですけど、復帰したらもっとよくなると思うんで。ただ右足の方がちょっと弱いんで。けがした方の裏は同じ強さまで戻りましたけど、腿の前がまだなんで、そこは補強しながら強くしていけばもっとよくなると思います」

――ここ以外にも別の練習をしている?

「ここに来る前、昨日もやったし、この後も治療がある」

――かなり上半身が逞しくなった?

「そのトレーニングもしましたね」

――体重は?

「1キロくらい増えました。デブになるんじゃなくて、筋肉をつけたいなと思う。それで重くならないようにとは意識してます」

――再発を恐れないための練習もやってる?

「恐れないためというか、どんどん練習をやっていけば、そういうのも恐れも怖さもなくなってくるしって感じですね」

――これから敵を付けた練習をして少しずつ?

「向こうでも2対2とか1対1とかはやってきてたんで、ある程度は問題ないと思ってますけど。今はこういう練習なんで、きつい時は楽しくやった方がリフレッシュできますから」

――昨日と今日とかなりきつい?

「まあ、そういう練習ですから」

――コンフェデレーションズカップで短期間相当きつかったこともあって、今から走れる体力を作るために追い込んでるところもあると思うが?

「もうフィジカルコーチに任せてるんで、きつかろうが、軽かろうがもう全部頼っていきます」

――日本が勝つとしたら走力が大きいのかな?

「どうなんですかね」

――どういうストロングポイントを押し出していけば上まで行けそう?

「日本らしいサッカーっていうけど、それが何なのか」

――前回の南アフリカ大会の前は「高地トレーニングして走れる状態になって勝てた」って話していた選手もいるが?

「もうチャンピオンズリーグとかブンデスリーガでも1試合120キロくらい1チームで走るチームが勝つと思いますし、連動していけば、記録として残りますし。結局は勝たなきゃいけないんで。そのために走ったりして、今の練習もきついし、全部つながっていくと思う。今はやっと日本に帰ってきてこうやって練習をスタートさせてるんで、スタートラインに立ったところかなと思います」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA