FOLLOW US

代表選出の西川、同僚槙野と原口に「暗い雰囲気はまったくなかった」

W杯代表メンバーに選出された西川周作 [写真]=getty Images 

 日本代表を率いるアルベルト・ザッケローニ監督は12日、ブラジル・ワールドカップに臨む代表メンバー23名を発表した。

 代表メンバーに選出された浦和レッズのGK西川周作が13日、記者の取材に応じて、以下のようにコメントしている。

「試合前までに自分がいい準備をし続ければ、チャンスが回ってきた時に結果にこだわってできると思うので、選ばれたからには常に良い準備をして、チームのためにという気持ちを持って戦いたい」

――ワールドカップに向けて実感が出てきた?

「ブラジルで自分がプレーして、いい活躍してチームに貢献しているイメージはもうできてるので、何があっても想定内だという準備をしています。常に自信を持ちながらJリーグでもやっているし、プレーを楽しむことを考えながら常にやっているので、ブラジルでも楽しみたい」

――浦和では槙野(智章)選手や原口(元気)選手が残念ながら選ばれなかったが?

「槙野選手も原口選手もいつも通りの姿勢だったので、切り替えているなと感じましたし、自分もいつも通り接しています。暗い雰囲気はまったくなかった。自分も4年前にそういう経験をしているので、すぐに試合があるのが非常に大切かなと思います」

――知り合いから「おめでとう」という連絡がすごくきたのでは?

「大変でしたけど、うれしいですね(笑)恩師も連絡をくれましたし、いろんな方が応援してくれていると実感できましたし、いろんな期待もされているので、見ている人に元気を与えられればと思います」

――浦和の土田コーチからは?

「出なかったら帰ってくるなと言われました(笑)。それなら俺がブラジル行くわって(笑)」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO