FOLLOW US

香川フル出場のマンU、若手活躍でホーム最終戦勝利…監督ギグスもピッチに

ハル・シティ戦でミドルシュートを放つ香川 [写真]=Man Utd via Getty Images

 プレミアリーグ第34節延期分が6日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uとハル・シティが対戦した。

 マンチェスター・Uは今シーズンのホーム最終戦。先週末の試合でベンチ外だった香川はボランチとして先発。アドナン・ヤヌザイやマルアン・フェライニがスタメンに名を連ねるとともに、前線には下部組織在籍のトム・ローレンスとジェイムス・ウィルソンが入った。また、今シーズン限りで退団し、インテルへの加入が決まっている主将のネマニャ・ヴィディッチ、選手兼コーチで暫定指揮官のライアン・ギグスもベンチ入りした。

 試合は序盤からマンチェスター・Uが支配。香川もボランチの位置からミドルシュートを放つなどする。22分、マンチェスター・Uはフィル・ジョーンズが接触プレーで肩を痛め、ヴィディッチと交代。スクランブルでの出場となったが、ヴィディッチは大きな拍手とともに迎えられる。

 31分、マンチェスター・Uは右サイドでFKを獲得。ヤヌザイが送ったボールをファーサイドのフェライニがヘディングで競り勝ち、折り返すと、ウィルソンが左足で豪快に叩き込み、先制。ウィルソンはトップチームデビュー戦で嬉しい初ゴールとなった。

 後半に入り51分、前半から攻撃陣をけん引していたヤヌザイがミドルシュートを放ったが、GKに抑えられる。ハル・シティにチャンスを作らせないマンチェスター・Uは、61分にヤヌザイが右サイドを突破すると、深い位置から中央へ低いクロス。飛び込んだフェライニのシュートはGKに弾かれたが、ウィルソンが押し込んで、2点目を獲得した。

 63分、ハル・シティは一撃で1点を返す。マッティー・フライアットの強烈な右足のミドルシュートがゴール右隅に決まった。直後にマンチェスター・Uは、ウィルソンに代えてロビン・ファン・ペルシーを投入。さらに70分には、ローレンスに代わり、ギグスがピッチに立つ。

 73分、ギグスは香川とのワンツーから左足のシュートを放ったが、ブロックに遭い、GKにセーブされる。ハル・シティは79分、デイヴィッド・メイラーが強烈なミドルシュートを打つもGKの正面を突く。86分にはギグスの縦パスをゴール正面で受けたファン・ペルシーが、一旦はシュートをブロックされたものの、跳ね返りを蹴り込み、マンチェスター・Uが試合を決める。アディショナルタイム、ギグスの直接FKがゴールを捉えたが、GKの好守に遭った。試合はそのまま終了し、3-1でマンチェスター・Uが勝利した。香川はフル出場している。

 マンチェスター・Uは2試合ぶりの白星で、6位トッテナムとの勝ち点差を3に縮めた。一方のハル・シティは2連敗で4戦白星なし。マンチェスター・Uは最終節、アウェーでサウサンプトンと対戦。ハル・シティはホームでエヴァートンと対戦する。

【スコア】
マンチェスター・U 3-1 ハル・シティ

【得点者】
1-0 31分 ウィルソン(マンチェスター・U)
2-0 61分 ウィルソン(マンチェスター・U)
2-1 63分 フライアット(ハル・シティ)
3-1 86分 ファン・ペルシー(マンチェスター・U)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA