2014.03.06

3得点に絡んだ香川「ゴールは素直に喜ぼうと思っていた」

香川真司
[写真]=兼子 愼一郎

 5日、「キリンチャレンジカップ2014」が行われ、日本代表とニュージーランド代表が対戦。日本は開始17分までに岡崎慎司の2得点、香川真司、森重真人のゴールで4点を奪ったが、その後はニュージーランドに2点を奪われ、4-2で勝利したものの、試合運びに課題を残す結果となった。

 試合後、先制点を含む1得点を挙げた香川は、以下のようにコメントしている。

――4得点のうち3得点に絡む活躍だったが?
「いい立ち上がりでゴールが入ったので、試合もスムーズに入りやすかった。PKであれ点を取れたことはすごいうれしかったんで、よかったんじゃないかと思ってます」

――PK決めた後のガッツポーズが印象的だったが?
「ゴールはゴールなんで、素直に喜ぼうと思ってました」

――マルセイユルーレットをしようとした?
「そうですね。ちょっと僕的にはないかなと思いましたけど、レフリーが味方してくれたというか。一瞬の判断ですかね。一瞬のイマジネーションがかみ合ったというか、あれで抜けてればもっとよかったですけど、うまく相手の股を取ってっていうイメージがその場でパッと出てきたから、よかったんじゃないかと思います」

――ホントはフィニッシュまで行きたかった?
「やっぱり、あのまま行きたかったです」

――久しぶりの代表戦だったが、前線の連携などは?
「もちろんみんな日程的に厳しい中で、その中で立ち上がり前半から行こうっていうのは話せたし、前半に関しては相手もなかなか入れてなかった分、僕たちが早い段階でゴールを決めれたことは、何よりよかったです。ただ、ワールドカップっていうものを想定して、考えた中では、まだまだ失点もしてるし、得点シーンに関しても相手のミスっていうのがあったので、本番考えればもっと接戦になってもおかしくなかったんじゃないかと思う。そういう意味で課題も十分あるんじゃないかと思います」

――PK蹴るのはあんまり見ないが?
「自分で取ったPKですし」

――試合にこれだけ出るのは久しぶりだったけど、途中で出るより入りやすいと思うが、どう入ったか?
「ホントに久しぶりっていうか、ピッチで見せなきゃ、結果を残さなきゃいけない、ただそれだけだった。途中から出ようが、最初から出ようが、ピッチの上でやるだけだったし、それを頭に入れて入ったんで、後半体力的に少し落ちてたのは課題ですし、そういう意味では課題が残ったと思います」

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る