2014.02.06

吉田、シーズン後半へ香川との挽回誓う「互いに頑張って刺激できれば」

吉田麻也
日本代表でともに主力選手としてプレーする香川(左)と吉田(右) [写真]=Getty Images

 サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也が5日、ゲームメーカーであるEA(Electronic Arts社)が発売する『FIFA14』の記者会見に出席。その席で、今シーズンの自身のプレーや、マンチェスター・Uに所属する同代表MF香川真司について語っている。

 サウサンプトン加入初年度となった昨シーズンはレギュラーとしてプレーした吉田だが、今シーズンはクロアチア代表DFデヤン・ロヴレンの加入やコンフェデレーションズカップ参加によるチーム合流の遅れもあり、出番を失った。しかし、ロブレンの負傷などにより、現在はリーグ戦で先発する機会を得ている。

 吉田は、「自分はまだリーグで2、3試合しか出ていないけど、このチャンスのために今までやってきたと思っているし、一番大事なのは、こういうチャンスを逃さないことだと思っている。半年やってきたことが形になるのは、これから試合に出だしてからだと思う。まだ実感はないけど、やってきたことは間違いじゃなかったと思っている」と語り、シーズン序盤戦の苦境を前向きにとらえている。

 また、「去年1月にマウリシオ(ポチェッティーノ監督)が来る前から、チーム内での競争は激しくなると思っていたし、そういう状況に自分を置いてみたいと思っていた。もちろん競争が激しくなる事はすごく大歓迎だったし、逆にそこで結果を出せない選手がこのリーグでは戦えないのかなと思う。自分がこれからさらにレベルアップしていくためには、そういう競争に打ち勝てる選手にならなきゃいけないし、やっぱり、コンスタントに高いパフォーマンスを出せる選手にならないといけない」と話し、ポジション争いを勝ち抜く意気込みを示した。

 吉田は、同じく今シーズン出番を失い、苦戦する香川についても言及し、「真司が出られないのは、彼が下位のリーグや下位のチームで出られない訳じゃなく、世界のトップクラスのクラブで出られないということなので、僕と出られない状況はちょっと違う。彼の今の気持ちは非常によく分かる。とにかく頑張ってほしい。もちろん僕も頑張りたいし、お互いに出たり、出られなかったりはニュースで出ると思うので、少しでも彼を刺激できればいいと思う。6月にベストな状況でワールドカップに挑めるのが一番日本にとっていい事なので、彼が残留を決めたなら、僕は全力で応援するしかない。真司とは代表で会う時は話すけど、電話とかでは話さない」とコメント。6月に開幕を控えるブラジル・ワールドカップに向け、それぞれがチームで定位置をつかむことが重要だと強調している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング