2014.01.13

リオ五輪世代の手倉森ジャパン、初陣はイランと打ち合いドロー

イラン戦に臨んだU-21日本代表 [写真]=Getty Images

 AFC U-22選手権のグループリーグ第1節が12日に行われ、日本とイランが対戦した。

 手倉森誠監督が率いるリオデジャネイロ・オリンピック世代のU-21代表で臨んでいる日本は、開始7分に先制点を決められたが、9分に原川力(京都サンガ)が同点ゴールを奪取。30分には浅野拓磨(サンフレッチェ広島)が逆転ゴールをマークした。

 前半の内にひっくり返した日本だったが、49分にPKから同点に追いつかれると、55分には勝ち越し点を許してしまった。再びリードされたが、66分に中島翔哉(東京ヴェルディ)がチーム3点目を奪い、試合を振り出しに戻した。

 試合は打ち合いとなったが、互いに決勝点を挙げられずにタイムアップを迎え、3-3のドローとなった。グループCの日本は、14日に行われる第2戦でクウェートと対戦する。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る