FOLLOW US

ベレーザ、FW小林里歌子の負傷を発表…左ひざ内側半月板損傷で全治約6カ月

日テレ・ベレーザが、小林の負傷を発表 [写真]=Getty Images

 日テレ・東京ヴェルディベレーザは9日、FW小林里歌子が負傷したことをクラブ公式サイトで発表した。

 東京NBのクラブ公式サイトによると、小林は左ひざ内側半月板を損傷した模様。診断の結果、全治は約6カ月だという。

 現在24歳の小林は、常盤木学園高等学校、法政大学を経て、2016年に東京NBへと加入した。また、2019年1月になでしこジャパン(日本女子代表)へと初招集されると、同年2月のシービリーブスカップ・アメリカ戦でなでしこジャパンデビューを飾った。アンダー世代の頃から注目を集めていた小林だが、2015年、宮城県代表として出場していた第70回国民体育大会の準決勝・三重戦で右ひざ前十字じん帯を断裂。2016年にも右ひざ半月板を損傷し手術を行うなど、度々大きなけがに見舞われていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO