FOLLOW US

なでしこジャパン、ウクライナ女子代表に8得点完勝…塩越柚歩がデビュー戦で2ゴール

なでしこジャパンがウクライナ女子代表に完勝 [写真]=Getty Images

 国際親善試合が10日に行われ、なでしこジャパン(日本女子代表)とウクライナ女子代表が対戦した。

 試合は立ち上がりウクライナがボールを保持し右サイドからの攻撃を中心に押し込んだ。4分、そのウクライナがビッグチャンスを迎える。スルーパスに抜け出したオルガ・バサンスカがGKとの1対1を迎えたがこれはシュートを打つことはできず対応にあう。

 すると直後の5分にスコアが動く。岩渕真奈が前線からの積極的なプレスでボールを奪うとそのまま左サイドからエリア内に侵入。ゴール前にパスを送るとスルーを経て受けた塩越柚歩が痛烈なシュート。ネットに突き刺し先制に成功した。

 その後はセカンドボールの回収が早い日本代表が押し込む展開に。ウクライナも最後のところで気を吐いていたが、30分、ついに日本が牙城を崩す。中島依美の絶妙クロスに走りこんだ岩渕真奈が難しい体勢からダイレクトで蹴りこみ追加点。スコアは2-0となった。

 さらに38分、日本はリードを3点に広げる。右サイドからのCKに待ち構えていたのは宝田沙織。強烈なボレーシュートはGKの手を弾きネットに収まった。続く前半終了間際の41分、岩渕のシュートがこぼれたところをひろった塩越が冷静にコントロールして流し込み4点を奪って後半に折り返した。

 4点のリードを手にして迎えた後半。次にネットを揺らしたのも日本だった。58分、長谷川唯が左サイドで一枚はがしクロスを入れ、こぼれ球を塩越が胸トラップからボールを落とし、これを岩渕がねじ込んだ。

 80分には途中交代で入った杉田妃和が結果を出す。中島のクロスはゴール前で混戦となりかきだされたが、杉田が反応し抑えのきいた丁寧なシュートを突き刺した。82分にはスルーパスに反応した田中美南がGKとの1対1を迎えるもこれはオフサイド。85分には代わって入った遠藤純のクロスからこちらも代わって入った林穂之香がシュートを放ったが惜しくも枠を逸れた。

 攻撃の手を緩めない日本は89分、PKを獲得。キッカーの田中美南は落ち着いてGKの逆を取り冷静に沈めた。さらに90分、左サイドを突破した遠藤がグラウンダーのクロスを送ると抜けて逆サイドへ。これを籾木結花が狙いすまして撃ちぬいた。

 試合はこのまま終了。なでしこジャパンはウクライナ代表を8-0で下し完勝をおさめた。なでしこジャパンはMS&ADカップ2021で13日、メキシコ女子代表と対戦する

【スコア】
日本女子代表 8-0 ウクライナ女子代表

【得点者】
1-0 5分 塩越柚歩(日本)
2-0 30分 岩渕真奈(日本)
3-0 38分 宝田沙織(日本)
4-0 41分 塩越柚歩(日本)
5-0 58分 岩渕真奈(日本)
6-0 80分 杉田妃和(日本)
7-0 89分 田中美南(PK/日本)
8-0 90分 籾木結花(日本)

【スターティングメンバー】
■なでしこジャパン
山下杏也加;北村菜々美、宝田沙織、熊谷紗希、清水梨紗、;長谷川唯(67分 杉田妃和)、中島依美、三浦成美(67分 林穂之香)、塩越柚歩(60分 籾木結花);菅澤優衣香(60分 田中美南)、岩渕真奈(76分 遠藤純)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO