2016.10.22

リトルなでしこ、惜しくもW杯連覇ならず PK戦の末、北朝鮮に敗れる

リトルなでしこはPK戦の末に涙をのんだ [写真]=FIFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFA U-17 女子ワールドカップ ヨルダン 2016の決勝が21日に行われ、リトルなでしこ(U-17日本女子代表)とU-17朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)女子代表が対戦した。

 連覇を目指す日本はグループステージを3連勝で終えて首位通過を果たすと、準々決勝でイングランドに3-0の快勝。準決勝でも3-0でスペインを破って決勝進出を決めた。決勝の相手である北朝鮮は、昨年行われたAFC U-16女子選手権の決勝で敗れた相手。今回は世界の舞台でリベンジを狙う。日本はスペイン戦で2得点を挙げたFW高橋はなとFW植木理子らがスタメン入りした。

日本のスターティングメンバー [写真]=FIFA via Getty Images

日本のスターティングメンバー [写真]=FIFA via Getty Images

北朝鮮のスターティングメンバー [写真]=FIFA via Getty Images

北朝鮮のスターティングメンバー [写真]=FIFA via Getty Images

 日本は序盤からペースを握ると、28分には中盤左でパスを受けた宮澤ひなたが右足でミドルシュートを放つ。しかし、ここは惜しくもクロスバーを直撃。35分には植木がドリブル突破からシュートチャンスを作ったが、ここはGKオク・グンジュがセーブし、先制点にはつながらなかった

植木理子

2試合ぶりに先発出場した植木 [写真]=FIFA via Getty Images

 一方、北朝鮮は前半終了間際の45分、右サイドのチェ・ウンチョンがアーリークロスを入れると、ニアに飛び込んだリ・ヘヨンがヘディングシュートを放ったが、ボールは枠の右に外れた。前半は日本が攻勢に出たものの、0-0でハーフタイムを迎える。

 後半立ち上がりにビッグチャンスを迎えたのは北朝鮮だった。53分、ロングフィードからソン・ヒャンシムが抜け出すと、飛び出したGK田中桃子がキャッチミス。こぼれ球をソンに押し込まれかけたが、高平美憂が決死のスライディングでこれを防いだ。

 日本は押し込まれる展開が続いたが、83分に右CKのチャンスを得る。ファーサイドの宝田沙織がヘッドで合わせたが、ここもGKオクがなんとかセーブ。このまま0-0で90分が終了し、決着はPK戦に持ち込まれた。

 互いに3人ずつ決め、迎えた4人目。先攻の日本は途中出場の金勝里央が左上へ外してしまう。一方、北朝鮮は4人目もしっかりと成功させる。日本は5人目の長野風花が成功させたが、北朝鮮もクム・ヒョンギが成功。日本は惜しくも4-5でPK戦を落とし、女子W杯連覇は叶わなかった。

PKを外した金勝をなぐさめる選手たち [写真]=FIFA via Getty Images

PKを外した金勝をなぐさめる選手たち [写真]=FIFA via Getty Images

北朝鮮がU-17女子W杯を制した [写真]=FIFA via Getty Images

北朝鮮がU-17女子W杯を制した [写真]=FIFA via Getty Images

【スコア】
U-17日本女子代表 0-0(PK4-5) U-17北朝鮮女子代表

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
40pt
山口
39pt
町田
36pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
28pt
琉球
25pt
沼津
24pt
Jリーグ順位をもっと見る