2014.03.13

なでしこ、決勝でドイツに3失点完敗…アルガルベ杯初優勝ならず

なでしこジャパン
先制点を決めたケスラー [写真]=Bongarts/Getty Images

 ポルトガルで開催されている女子の国際サッカー大会「アルガルベカップ」決勝が12日に行われ、なでしこジャパンとドイツ女子代表が対戦した。

 2012年の同大会決勝(4-3でドイツ勝利)と同一カードなった試合。最後に両チームが対戦したのは2013年6月で、ドイツが4-2で勝利している。なでしこは大会初優勝、ドイツは2年ぶり3度目の制覇を懸けての試合となった。

 なでしこは28分に大きなチャンス。大野忍からペナルティエリア内右の川澄奈穂美にパスが通ると、ダイレクトシュートを放つ。これはGKに弾かれるが、こぼれ球に大儀見優季がつめる。先に触ったDFのクリアがポストに当たると、更なる跳ね返りに澤穂希も反応したが、ボールはゴールラインを越えることはなく、得点できず。ドイツにもチャンスを作られるが、前半は互いに無得点で終える。

 ハーフタイムになでしことドイツはそれぞれ選手交代を図る。すると、ドイツの選手交代が的中する。後半開始40秒ほどで、投入されたばかりのナディン・ケスラーが右足のシュートを決めて先制する。さらに50分には、ファトミレ・アルーシが右サイド深くまで突破すると、マイナスのグラウンダーのクロスをニアサイドでアーニャ・ミッタークが右足のヒールでゴール左へ流し込んで、リードを広げた。

 61分にはゴール正面やや右からジェニファー・マロジャンのミドルシュートが決まり、ドイツは3点差とする。67分にはゴール正面左からのFKをセリア・サシッチが直接狙うと、ゴール左に飛んだボールはGK山根恵里奈が弾き、ポストに当たる。

 なでしこはドイツのゴール前まで進む場面も見られたが、1得点を挙げることもできず、3-0で勝利したドイツが2年ぶり3度目のアルガルベカップ制覇となった。

 アルガルベカップを2度目の準優勝で終えたなでしこジャパンは、5月にニュージーランド女子代表との親善試合を経て、2015年のカナダ・ワールドカップ出場権を懸けたAFC女子アジアカップベトナム2014に臨む。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
59pt
福岡
55pt
名古屋
49pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
富山
35pt
沼津
34pt
Jリーグ順位をもっと見る