FOLLOW US

神戸が悲願のJ1初優勝! ホーム最終戦で名古屋に辛勝、史上11クラブ目の頂点に

2023.11.25

名古屋戦で2点目を挙げた神戸の武藤嘉紀 [写真]=Getty Images

 明治安田生命J1リーグ第33節が25日に行われ、ヴィッセル神戸名古屋グランパスが対戦した。

 24日に2位の横浜F・マリノスがアルビレックス新潟と痛恨のスコアレスドローに終わり、神戸はこの試合に勝てば悲願のJ1リーグ初優勝が決まる状況で試合を迎えた。


 序盤から押し込む神戸は、12分に幸先よく先制に成功する。大迫勇也がペナルティエリア手前で相手を背負いながらボールを収め、相手DFラインの背後に絶妙のスルーパスを供給。抜け出した井出遥也が右足でゴール右上隅へと流し込んだ。

 14分、神戸があっという間にリードを広げる。左サイドに流れた大迫が、ペナルティエリア左から低く速いクロスを供給。ゴール前の武藤嘉紀が右足インサイドでダイレクトシュートを放ち、ゴールへ流し込んだ。

 名古屋は30分に1点を返す。相手GK前川黛也のロングボールを藤井陽也が頭で跳ね返すと、ボールはそのままゴール前まで飛ぶ。これを収めたキャスパー・ユンカーが相手DFに寄せられながらも、左足でゴールにねじ込んだ。

 名古屋は41分にも神戸のゴールを脅かす。右サイドを切り裂いた和泉竜司の折り返しにユンカーが合わせたものの、ゴールラインの手前で相手DF山川哲史にブロックされて得点には至らず。試合は神戸の1点リードで折り返す。

 一進一退の攻防が続くなか、名古屋は76分に絶好機が訪れる。左サイドの深い位置から永井謙佑が折り返し、ゴール前の前田直輝が利き足ではない右足で合わせたものの、クロスバーを叩いて同点とはならない。

 最後は押され気味の展開となった神戸だが、体を張った守備で序盤のリードをなんとか守り切った。神戸はJリーグ参入27年目にして、史上11クラブ目となる初優勝を成し遂げた。

 最終節は12月3日に行われ、神戸は敵地でガンバ大阪、名古屋はホームで柏レイソルと対戦する。

【スコア】
ヴィッセル神戸 2-1 名古屋グランパス

【得点者】
1-0 12分 井出遥也(神戸)
2-0 14分 武藤嘉紀(神戸)
2-1 30分 キャスパー・ユンカー(名古屋)

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGヴィッセル神戸のニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO