FOLLOW US

Jリーグ、新シーズンより『オフサイドラインの3D化』と『VARdict』の導入が決定!

2023.02.09

Jリーグは9日、「オフサイドラインの3D化」と「VARdict」の導入を発表 [写真]=Getty Images

 Jリーグは9日、2023シーズンのビデオアシスタントレフェリー(以下、VAR)に関して、「オフサイドラインの3D化」と「VARdict(バーディクト)」を新たに導入することを発表した。

 今回の発表によると、2023シーズンから「オフサイドラインの3D化」と「VARdict(バーディクト)」が新たに導入されるという。なお「VARdict」とは、専用のタブレットを通じて、ビデオマッチオフィシャルがチェックしている事象をスタジアム内の大型映像装置やインターネット中継・TV放送に自動連係できるシステムで、主要国際大会・海外リーグなどで既に導入されているものと同じ仕組みになることも明らかにしている。


■VARdict(バーディクト)について

 J1クラブのすべてのスタジアムで「VARdict」の情報を大型映像装置に表示する。ただし、専用のタブレットと自動連係するためには専用回線が必要となるため、2023シーズンのJリーグは、①自動連係と②アナログ運用の2通りの運用で対応。スタジアムにより運用方法および表示される内容が異なり、中継映像はすべて自動連係の運用となる。

▼運用方法 大型映像装置へ表示される内容・運用の違い

●自動連係
・タブレット操作により、文字情報が自動で変わる
・「判定変更」「理由」などの情報が表示される
・133パターンの表示が可能

●アナログ
・タブレット操作担当と大型映像装置担当がトランシーバーでコミュニケーションしながら運用
・「判定変更」「理由」などの情報が表示されない
・14パターンの表示が可能

<各スタジアム大型映像装置の運用方法>

北海道コンサドーレ札幌(札幌ドーム) 自動連係
鹿島アントラーズ(カシマ) 自動連係
浦和レッズ(埼玉スタ、浦和駒場) アナログ運用
柏レイソル(三協F柏) アナログ運用
FC東京(味スタ) 自動連係
川崎フロンターレ(等々力) 自動連係
横浜F・マリノス(日産ス) 自動連係
横浜FC(ニッパツ) 確認中
湘南ベルマーレ(レモンS) 自動連係
アルビレックス新潟(デンカS) 自動連係
名古屋グランパス(豊スタ) 自動連係
京都サンガF.C.(サンガS)アナログ運用
ガンバ大阪(パナスタ) アナログ運用
セレッソ大阪(ヨドコウ) 自動連係
ヴィッセル神戸(ノエスタ) 自動連係
サンフレッチェ広島(Eスタ) アナログ運用
アビスパ福岡(ベアスタ) 自動連係
サガン鳥栖(駅スタ) 自動連係
国立競技場 自動連係

※2023年2月9日 時点(今後変更される可能性あり)

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO