FOLLOW US

「最高の仲間」と掴んだ栄冠 水沼宏太、父とともに「マリノスの歴史に残せた」

シャーレを掲げた水沼 [写真]=J.LEAGUE

 明治安田生命J1リーグ最終節が5日に行われ、横浜F・マリノスヴィッセル神戸に3-1で勝利。3年ぶり5度目となるリーグ制覇を成し遂げた。

 先発出場し、この試合の全得点に絡んだ横浜FMの水沼宏太は、「子どもの頃から夢見てきたリーグ制覇を、一度離れたマリノスで達成できたのが、自分の中で感動的というか、あきらめずやってきてよかったと改めて感じられましたし、何とも言えない感情がこみあげ、仲間たち、一緒に戦ってくださった皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです」と、試合後には涙も流した優勝への思いを口に。

「僕自身も昨季は先発が1試合のみで、常に途中からだったこともありますけど、その気持ちもすごくわかる」と、出番の限られた選手、スタメンでの機会が少なかった選手についても言及し、「このチームを勝たせたい、このチームで勝ちたいという気持ちが練習から取り組んでいたし、どの場面で出場しようが、今日は試合に出れなかったという気持ちがあろうが、次の練習にはチームのためにみんなができていると実感しています」と話し、「何か特別なことをやるというより、とにかくみんなが同じ方向を向いて、ちょっと違うところを向いていると思っても、自分で変えられる能力を持っている選手しかいないと感じているので、最高な仲間だなと感じます」と称えた。

 水沼は今季、背番号の名前を『MIZUNUMA』と苗字に変更。かつて横浜マリノスでプレーした貴史氏を持つ中、“水沼家”を背負う覚悟を示した。その父に嬉しい報告ができることになったが、「歴史を作ってくださった偉大な先輩でもあるので、感謝しているのもあります。誇らしいというか、一緒に有名になる気持ちでネームも変え、自分の中でプレッシャーをかけてやっていく気持ちにもなっていたので、しっかり水沼という名前がマリノスのクラブの歴史の中に残せたと思います」と誇っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO