FOLLOW US

広島に新戦力! キプロス代表FWソティリウが完全移籍加入…今季はCL予選で3ゴール

キプロス代表FWソティリウの広島加入が決定 [写真]=NurPhoto via Getty Images

 サンフレッチェ広島は15日、ルドゴレツ(ブルガリア1部)に所属しているキプロス代表FWピエロス・ソティリウが完全移籍で加入することを発表した。背番号は「20」に決まっている。

 キプロス国籍のソティリウは1993年1月13日生まれの現在29歳。身長186cm、体重83kgの大型センターフォワードだ。母国のオリンピアコス・ニコシアでキャリアをスタートさせると、2013年夏には母国名門クラブのAPOELへ完全移籍。2016-17シーズンには公式戦47試合に出場し26ゴールを記録した。2017年夏にはデンマークのコペンハーゲンへと移り、2シーズン半に渡ってプレー。コペンハーゲンでは公式戦110試合に出場し35ゴールを挙げた。

 カザフスタンのアスタナを経て、2021年冬からルドゴレツに在籍。昨シーズンはヨーロッパリーグ(EL)でプレーし、グループステージの全6試合に出場して1ゴールを記録した。同シーズンは公式戦42試合の出場で23ゴールをマーク。今季はチャンピオンズリーグ(CL)予選1回戦から3回戦までで5試合に出場し3ゴール、国内リーグでは2試合に出場し1ゴールを挙げている。

 また、キプロス代表としては2012年11月にデビュー。2022年6月開催のUEFAネーションズリーグでも3試合でプレーした。これまでに国際Aマッチ通算で56試合出場12得点を記録している。

 完全移籍加入に際し、ソティリウは広島のクラブ公式HPでコメントを発表。「親愛なるサンフレッチェファミリーの皆さん。私は広島の文化や生活習慣、そしてもちろん日本という国を知ることをとても楽しみにしています。試合だけでなく、ピッチでのトレーニングにも100%の力を注ぐことを約束します。クラブの目標を達成するために、一緒に頑張りましょう。よろしくお願いします」と意気込みを語った。

 今シーズン、広島は明治安田生命J1リーグ第25節終了時点で勝ち点「41」を獲得。現在暫定5位につけている。JリーグYBCルヴァンカップでは、プライムステージ準々決勝で現在リーグ首位の横浜F・マリノスを2戦合計5-2で撃破。天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会では準々決勝まで駒を進めており、9月7日にセレッソ大阪と対戦予定だ。

 ミヒャエル・スキッべ監督のスタイルが浸透してきた広島は、シーズン終盤戦でさらなる上位浮上が期待されている。タイトル獲得の可能性を大いに残す中、ヨーロッパでの実績豊富なストライカーが加わることとなった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO