FOLLOW US

名古屋が5戦未勝利…京都がウタカの今季8点目で追いつきドロー

ピーター・ウタカが今季8点目 [写真]=J.LEAGUE via Getty Images

 明治安田生命J1リーグ第11節が3日に行われ、名古屋グランパス京都サンガF.C.が対戦した。

 名古屋は5試合ぶり、京都は2試合ぶりの白星を目指す一戦。先に決定機を迎えたのはアウェイの京都だった。4分、スルーパスに抜け出したピーター・ウタカが飛び出してきた相手GKランゲラックをかわし、ボールをゴールに流し込もうとする。しかし、カバーに入った中谷進之介にクリアされ、先制とはならない。

 試合の均衡が破れたのは36分、ホームの名古屋が先制する。右サイドの深い位置でフリーキックを獲得すると、キッカーのマテウス・カストロは角度のないところから直接ゴールを狙う。意表を突かれた相手GK上福元直人は防ぎきれず、マテウスは2試合連続ゴールを記録した。

 しかし40分、京都が試合を振り出しに戻す。右サイドから白井康介が左足でクロスを送り、ウタカが頭で合わせてゴール右上に流し込んだ。ウタカは今季8ゴール目を記録した。

 後半は名古屋が押し込む展開となったが、スコアは動かないまま試合終了。両者勝ち点1ずつを分けあった。名古屋は5戦未勝利、京都は2戦未勝利となった。次節は7日に行われ、名古屋は敵地で横浜F・マリノス、京都は敵地で北海道コンサドーレ札幌と対戦する。

【スコア】
名古屋グランパス 1-1 京都サンガF.C.

【得点者】
1-0 36分 マテウス・カストロ(名古屋)
1-1 40分 ピーター・ウタカ(京都)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO