FOLLOW US

清水、札幌に先制許すも勝ち点1を獲得…FW鈴木唯人が絶妙トラップから同点弾

J1第1節で清水と札幌が対戦した [写真]=小林渓太

 19日、明治安田生命J1リーグ第1節で清水エスパルス北海道コンサドーレ札幌が対戦した。

 昨シーズン終盤まで残留争いを繰り広げた清水は、今オフMF白崎凌兵やMF神谷優太らを補強。日本代表GK権田修一がキャプテンとしてチームを引っ張り、昨シーズンからの巻き返しを図る。対するアウェイの札幌は、今シーズンでミハイロ・ペトロヴィッチ監督就任5年目。FW興梠慎三、FWガブリエル・シャビエル、DF西大伍といった実績のある選手が加入し、昨シーズンの10位から上位進出を狙う。

 先制したのは札幌だった。15分、札幌は敵陣ペナルティエリア手前右あたりからDF田中駿汰が柔らかいクロスを供給。このボールは清水の選手がクリアするが、浮いたこぼれ球をペナルティエリア左で待っていたMFルーカス・フェルナンデスが、右足のボレーシュートで鮮やかにゴール右を撃ち抜いた。

 そして札幌は37分、ゴール前で興梠が放ったシュートが清水のDF立田悠悟の肘に当たり、ハンドの判定でPKを獲得。しかし、2点目を狙ったL・フェルナンデスのシュートは権田がセーブし、前半は札幌の1点のリードで45分を終える。

 迎えた後半、ホームの清水が反撃。68分、後方からMF原輝綺のパスを受けたFW鈴木唯人が絶妙なトラップで前を向き、敵陣ペナルティエリア右へ進入。鈴木は角度のないところから、左のサイドネットを撃ち抜いた。試合は振り出しに戻る。

 追いつかれた札幌は77分、FW小柏剛が右足で強烈なシュートを放つも、ボールはポストを叩きゴールとはならず。

 その後は互いに譲らず、一進一退の攻防でタイムアップを迎えた。1-1で勝ち点1を分け合う結果に終わっている。

【スコア】
清水エスパルス 1-1 北海道コンサドーレ札幌

【得点者】
0-1 15分 ルーカス・フェルナンデス(札幌)
1-1 68分 鈴木唯人(清水)


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO