FOLLOW US

京都・松田天馬が“打倒”浦和に意欲「下馬評を覆してJリーグ全体に驚きを与えたい」

J1開幕節のオンライ会見に臨んだ京都サンガの松田天馬

 J1の各クラブは15日、今週末に迫った開幕節を前にオンライ会見を実施。19日にサンガスタジアムで行われる京都サンガ-浦和レッズのカードからは、京都のMF松田天馬と、浦和のFWキャスパー・ユンカーが出席した。

 曺貴裁監督の下で12年ぶりの昇格を果たし、J1の舞台に挑む京都の松田は、「アグレッシブに、攻撃的にいきたい」と意気込み、力のある浦和相手に「どれだけ上回っていけるかというところが勝負の分かれ目になる」とコメント。自チームの強みに関しては、「スピードやアグレッシブさが京都サンガの特徴」と語り、「戻るスピードなどは他のチームにも負けない強みだと思っている」と、攻守の切り替えの速さをストロングポイントに挙げた。

 また、浦和については、「組織的でカウンターも早く、隙がなく色々なパターンを持っている。守備も堅い」と評価しつつ、その守備を「サンガらしく破壊していきたい」と主張。浦和が川崎フロンターレに勝利した先日のFUJIFILMスーパーカップが「モチベーションを上げた」と語り、浦和優位という「下馬評を覆してJリーグ全体に驚きを与えたい」との思いも口にした。

 さらに、開幕をホームで迎えるということもあり、「サンガらしく、お客さんに楽しんでもらえるような、ワクワクしてもらえるようなサッカーを展開していきたい」との決意も示した。

 12年ぶりのJ1の舞台で、京都がどのような勇姿を見せるのか、注目の一戦は19日(土)の14時にキックオフを迎える。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO