FOLLOW US

J1復帰目指す大分がFWサムエルとMFエドゥアルド・ネット加入を発表

大分がサムエルとエドゥアルド・ネット加入を発表 

 大分トリニータは18日、FWサムエルとMFエドゥアルド・ネットが完全移籍で加入すると発表した。クラブ公式サイトが伝えている。

 サムエルは2000年生まれの若手FW。同選手は加入に際し「大分ファミリーの皆様、初めまして。サムエル・ヴァンデルレイです。このチームで皆さんとプレーできることを大変うれしく思っています。早く日本に到着し、大分での歴史を沢山作りたいです。また、大分のユニフォームを着るという新しい挑戦に対する意欲と責任感を持っています。Vamos大分」と意気込みを語っている。

 一方、エドゥアルド・ネットは大分加入で日本復帰に。ECバイーアやボタフォゴなどブラジルのクラブらを渡り歩き、2016年に川崎フロンターレへ期限付き移籍で加わり、翌17年に完全移籍。川崎のJ1制覇に貢献すると、2018年6月に名古屋へ加入しプレーしていたが、2020年に両者合意の上で契約を解除し退団した。現在はブラジルのトンベンセでプレーしており、約2年ぶりの日本上陸となった。

 明治安田生命J1リーグでは通算100試合に出場し5得点を記録しているエドゥアルド・ネット。加入に際し同選手は次のようにコメントし、サポーターに向けてメッセージを送っている。

「サポーターの皆様、こんにちは。エドゥアルド・ネットです。大分トリニータに関わる全ての皆様にメッセージを送ります。まず初めにこの日本という素晴らしい国で再びプレーできることをうれしく思います。また、大分のユニフォームを着られることに対して大きな喜びと誇りを感じています。今シーズン多くの勝利を掴みJ1復帰をするためにチーム一丸で全力で戦います。大きな抱擁を皆さんに送ります。すぐにお会いしましょう!」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO