FOLLOW US

鳥取、髙木理己監督の解任を発表…後任決定まで増本浩平ヘッドコーチが暫定指揮

 ガイナーレ鳥取は6日、髙木理己監督の解任を発表した。

 現在42歳の髙木監督は京都サンガF.C.のコーチや湘南ベルマーレのヘッドコーチ、鳥取でコーチやU-18監督を務めた後、2019年から鳥取を指揮していた。昨シーズンは明治安田生命J3リーグで5位に終わっていたが、今シーズンはここまで2勝1分け4敗の勝ち点「7」で12位となっていた。

 4日付で髙木監督の解任を決定した鳥取は、後任決定までの間、増本浩平ヘッドコーチが暫定的にトップチームの指揮を執ることも発表している。

 解任されたこと受け、髙木監督は鳥取のクラブ公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

「まず、強翔というスローガンに相反する結果となっている現状を、ガイナーレ鳥取に関わる全ての皆様に深くお詫び申し上げます。本当に申し訳ありません。この結果は、このグループの最大値を引き出し、繋げていく事ができなかった私の責任です。貫く事で掴める明日と、貫く事で掴めなくなる明日があるこの世界で、私は常に前者を選択してきました。その日常に選手、コーチングスタッフは、自分の持てるもの全てを注ぎ込んでくれました。その姿勢には感謝しかありません。そして何より、毎試合後押ししてくださったサポーターの皆様に感謝申し上げます。皆様の作り上げるスタジアムの空気が大好きでした。本当にありがとうございました。最後になりますが、ガイナーレ鳥取のJ2昇格を祈願すると共に、オールガイナーレの皆様の幸せを願っております。またお会いしましょう。さようなら!」

 また、塚野真樹代表取締役社長は以下のようにコメントしている。

「この度、髙木監督を解任することを決断いたしました。理由は成績不振です。髙木さんは『オールガイナーレ』の言葉をクラブにもたらしてくれた方です。その方と袂を分かつことは大変苦しいことですが、掲げるJ2復帰を目指すため、現状に変化をもたらさないといけないと考え、決断いたしました。3シーズンにわたる指揮と、注いでくださったクラブへの愛情に、心より感謝申し上げます。非常に苦しい状況を打破するために、もがき続けなければなりません。ファン・サポーターの皆様には、引き続きガイナーレ鳥取へのご支援ご声援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO