FOLLOW US

名古屋の開幕連勝は「6」でストップ…川崎Fは三笘の2ゴールで無敗をキープ/J1第7節

大分に勝利した川崎Fの選手たち [写真]=金田慎平

 3日から4日にかけて、明治安田生命J1リーグ第7節が各地で行われた。

 開幕から全勝の2位名古屋グランパスは、ホームにFC東京を迎えての一戦。共に硬い守備を持ち味とする両チームの対戦は、90分通してゴールが生まれることなく、試合はスコアレスドローで幕を閉じた。この結果、名古屋の連勝記録は6でストップ。しかし未だリーグ無敗を維持しており、連続無失点記録も6試合にまで伸ばしている。

 ホームに鹿島アントラーズを迎えた浦和レッズは、37分にMF明本考浩のゴールで先制するも、前半アディショナルタイムに追いつかれる展開に。それでも66分にDF槙野智章のPKで勝ち越し点が生まれると、この1点のリードを守り抜いた浦和が公式戦5試合ぶりの勝利を掴んだ。

 首位の川崎フロンターレは、ホームで大分トリニータと対戦。大分の粘り強い守備もあり拮抗した時間が続くも、39分にMF三笘薫が先制点を挙げた。その後、三笘は66分にもこの日2点目となる追加点を記録し、試合は2ー0でタイムアップを迎えた。川崎Fは開幕から8試合を戦って無敗を維持している。

 今節の試合結果と順位表、また第8節の対戦予定は以下の通り。

■試合結果
セレッソ大阪 1ー0 サガン鳥栖
横浜F・マリノス 1ー1 湘南ベルマーレ
ベガルタ仙台 0ー2 ヴィッセル神戸
名古屋グランパス 0ー0 FC東京
サンフレッチェ広島 0ー0 ガンバ大阪
アビスパ福岡 1ー2 北海道コンサドーレ札幌
浦和レッズ 2ー1 鹿島アントラーズ
横浜FC 1ー1 柏レイソル
川崎フロンターレ 2ー0 大分トリニータ
清水エスパルス 0ー3 徳島ヴォルティス

■順位表
1位 川崎F(勝ち点22/得失点差+17)
2位 名古屋(勝ち点19/得失点差+8)
3位 C大阪(勝ち点16/得失点差+6)
4位 鳥栖(勝ち点14/得失点差+9)
5位 神戸(勝ち点14/得失点差+4)
6位 広島(勝ち点13/得失点差+4)
7位 FC東京(勝ち点12/得失点差+2)
8位 横浜FM(勝ち点11/得失点差+4)
9位 徳島(勝ち点8/得失点差0)
10位 清水(勝ち点8/得失点差−2)
10位 福岡(勝ち点8/得失点差−2)
12位 浦和(勝ち点8/得失点差−7)
13位 札幌(勝ち点7/得失点差+2)
14位 湘南(勝ち点5/得失点差−3)
15位 大分(勝ち点5/得失点差−4)
16位 鹿島(勝ち点4/得失点差−3)
17位 柏(勝ち点4/得失点差−6)
18位 G大阪(勝ち点1/得失点差−1)
19位 横浜FC(勝ち点1/得失点差−14)
20位 仙台(勝ち点1/得失点差−14)

■第8節の対戦予定
▼4月6日(火)
19:00 横浜FM vs C大阪
▼4月7日(水)
19:00 鹿島 vs 柏
19:00 FC東京 vs 札幌
19:00 川崎F vs 鳥栖
19:00 横浜FC vs 広島
19:00 湘南 vs 名古屋
19:00 清水 vs 浦和
19:00 G大阪 vs 福岡
19:00 神戸 vs 大分
19:00 徳島 vs 仙台

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO