FOLLOW US

齊藤未月が3人の元同僚と“同窓会”を開催「サポーターと触れ合えるのが湘南の良さ」

齊藤(左上)が石原(右上)、金子(左下)、杉岡(右下)と同窓会を行なった

 ロシア・プレミアリーグ(1部)のルビン・カザンに所属するMF齊藤未月が、自身のインスタグラム(@mitsukisaito)で「湘南同窓会」を行った。

 齊藤は昨年12月に湘南ベルマーレからルビン・カザンへと期限付き移籍。しかし2月、練習中に足首のじん帯を損傷して手術を受け、全治約4カ月と診断されて離脱している。斉藤は「俺が暇なことと、ロシアから情報発信をする」ことを主旨として、今季の湘南でキャプテンを務めるDF石原広教、鹿島アントラーズのDF杉岡大暉、浦和レッズのMF金子大毅とともにインスタグラムライブを開催した。

 齊藤はロシア語について「めちゃくちゃ難しい」としつつも、「でも試合中『左』『右』とか『行け』とか『パス出せ』とか、ロシア語でそれくらい言えるかな」と明かした。また、インターナショナルスクールで学んだ英語力が海外挑戦でも生かされていると語った。

「でもチームメイトも10人くらい多国籍いるから、みんなヨーロッパから来ていて英語しゃべれるから楽だね。英語しゃべれないでヨーロッパに行く選手いるけど、相当キツイと思うよ。相当コミュニケーション能力高くないと。英語がいければ、怖いものないよ。ロシアって全然英語しゃべらない国なんだけど、全然いけるよ。英語しゃべれれば。もっとロシアの生活がキツイと想像していたら、ご飯もめちゃ美味しいし。環境が整っている」

 4人は湘南や藤沢市の話題でも盛り上がる。藤沢市出身の石原は「藤沢は地元愛があるよ。住みやすいもん」と、同じく藤沢市出身の斉藤は「土手があってサポーターと触れ合えるのが湘南の良さ」と、それぞれに地元の良さを述べた。

 また、石原が「あとはスタジアムでしょ。スタジアム作ろうよ。ミツキお金出して。サッカー専用スタジアム。鹿島とかやってても興奮するし」と話を振ると、斉藤は「サッカー選手がサッカーをやっている理由の一つ。ああいう雰囲気でやれているのは」と答え、「任せろ。スタジアムか育成用の練習場はどうにかして作るわ」と約束した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO