FOLLOW US

柏が山崎亮平、村田和哉の退団を発表…ユン・ソギョンは江原FCへ完全移籍

山崎亮平ら3選手が柏から退団 [写真]=兼子愼一郎

 柏レイソルは15日、同クラブ所属のFW山崎亮平、FW村田和哉との契約が2020シーズンをもって満了となることを発表した。また、釜山アイパーク(韓国)へ期限付き移籍していたDFユン・ソギョンが、江原FC(韓国)へ完全移籍することも伝えている。

 山崎は1989年3月14日生まれの現在31歳。八千代高校卒業後の2007年にジュビロ磐田へ加入した。2012年にはロンドン・オリンピックのアジア最終予選に臨むU-23日本代表メンバーとしても活躍。磐田には2014年までの8シーズンに渡って在籍し、2015年にアルビレックス新潟へ完全移籍した。新潟でも主力として活躍を続け、2018年に柏へ加入した。2020シーズンの明治安田生命J1リーグでは1試合の出場にとどまっていた。

 村田は1988年10月7日生まれの現在32歳。野洲高校、大阪体育大学を経て、2011年にセレッソ大阪へ加入した。2013年に清水エスパルスへ完全移籍。2018シーズンまで清水でプレーを続け、翌年に柏へと加入した。柏では多くの出場機会を得られず、2019年7月にアビスパ福岡へ期限付き移籍。2020シーズンはレノファ山口FCでプレーし、明治安田生命J2リーグで13試合に出場した。なお、山口は昨年12月に村田の期限付き移籍期間が満了となったことを発表していた。

 ユン・ソギョンは1990年2月13日生まれの現在30歳で、韓国出身。2009年に全南ドラゴンズ(韓国)でプロキャリアをスタートさせた。その後はイングランドへ渡り、QPR、ドンカスター、チャールトンでプレー。ブレンビー(デンマーク)退団後の2017年に柏へ加入した。同シーズンの明治安田生命J1リーグでは10試合に出場。翌年も7試合に出場し、シーズン途中の6月にFCソウル(韓国)への期限付き移籍が決まった。2019年は江原FCへ、2020年は釜山アイパークへ、それぞれ期限付き移籍していた。

 柏を退団する山崎と村田は、クラブ公式HPを通じてコメントを発表している。

◼︎山崎亮平
「3年間ありがとうございました。けがもあり、降格もあり、チームに貢献できず悔しい思いでいっぱいですが、来季のレイソルはもっともっと強いチームになると思うので、コロナで大変な状況ですが応援よろしくお願いします。こんな自分を3年間応援してもらってありがとうございました」

◼︎村田和哉
「このたび、契約満了に伴い柏レイソルを退団することになりました。レイソルの一員になれたことが自分の誇りですし、サッカー人生の1ページを開いてくれたクラブでした。スタジアム、クラブハウス、練習場、アカデミーなど様々な施設が一つに集約されている環境に感動したことは今でも忘れられません。期限付き移籍の中でも変わらず応援してくださったサポーターの皆様に本当に感謝しています。ありがとうございました。チームを離れますがこれからも柏レイソルを応援しています。これから始まる村田和哉の夢への挑戦を応援していただけたら嬉しいです。人生最幸!!」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO