FOLLOW US

来季ACLの出場3クラブが確定! 川崎F、G大阪、名古屋がアジア制覇へ挑む

来シーズンのACL出場チームが確定した [写真]=Getty Images

 19日に明治安田生命J1リーグの最終節が行われ、今シーズンの全日程が終了。来シーズンのACL(アジア・チャンピオンズリーグ)へ出場するチームが確定した。

 J1上位3チームが獲得するACLの出場権は、すでに優勝を決めた川崎フロンターレと2位を確定させたガンバ大阪が獲得。残る一つの椅子を、勝ち点差2の間にひしめき合う3位名古屋グランパスと4位セレッソ大阪、5位鹿島アントラーズの3チームが争う状況となった。

 全試合同時刻にキックオフとなった最終節では、そのC大阪と鹿島が直接対決。前半を互いにスコアレスで折り返すも、83分にDF松田陸がゴールを決めアウェイのC大阪が先制に成功する。しかし鹿島は90分にFWエヴェラウドのゴールで1点を返し、結局試合は1ー1のドロー決着。互いに勝ち点3を分け合う結果となった。

 名古屋は、ホームでサンフレッチェ広島と対戦。勝利を収めれば自力で3位を確定させられる試合となったが、前半を0ー0で折り返すと後半も無得点の時間が続く。そのままスコアレスドローかと思われた86分、途中出場のFW前田直輝が待望の先制点を記録し、これが決勝点となった。1ー0で勝利を収めた名古屋が、自力で3位の座を手にしている。

 この結果、来シーズンのACL出場権は川崎FとG大阪に加え、名古屋が獲得することとなった。なお、J1の1位と2位、そして天皇杯の優勝チームはグループステージから、J1の3位はプレーオフからの参戦となる。そのため川崎FかG大阪が天皇杯を制した場合は、名古屋がグループステージからの出場、そして4位のC大阪がプレーオフからの出場にそれぞれ繰り上がる。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO