FOLLOW US

【大分vs横浜FMプレビュー】大分はホームで連敗を止められるか…対戦成績は横浜FMが大きくリード

[写真]=J.LEAGUE、Getty Images

大分トリニータ 高山&小塚はトンネルから抜け出す起爆剤となるか

【プラス材料】
 公式戦8試合未勝利。連戦で疲弊し、コンディション優良の選手に率先して出場機会を与えているが、結果が出ていない。プラス材料を見つけるのは極めて難しいが、水曜日のJリーグYBCルヴァンカップ・柏レイソル戦で2種登録でアカデミー所属のFW屋敷優成とMF弓場将輝がJリーグデビューしたことは、長い目で見た時に貴重な経験となるはずだ。

 その柏戦で好アピールしたのがMF高山薫。本来は中盤のサイドの選手だが、最終ラインの右センターバックで出場し、持ち味の推進力を発揮してチームが躍動した。同じくMF小塚和季も決定機に絡むプレーで復調した姿を見せている。リーグ戦5連敗中のチームの起爆剤として先発起用するのも面白い。

【マイナス材料】
 複数失点が多く、守備の再構築が急務となる。前節の川崎フロンターレ戦では2年連続フル出場する絶対的な守護神のGK高木駿を、先発から外す荒治療を施したが特効薬にならなかった。複数得点が期待できない現状を考えると、まずは最小失点、欲を言えば無失点で抑える守備意識を浸透させることが必要だ。

 ケガやコンディション不良の選手が多く、台所事情が厳しいとはいえ、毎試合メンバーを固定できないでいる。5年目を迎えた片野坂知宏監督であるが、監督の目指すサッカーは誰が出ても同じように力を出せる領域にまでは達していない。個の力ではなく組織で戦うチームにとって、一枚岩になれない状況が続けば連敗阻止は極めて難しい作業となりそうだ。

文:totoONE編集部

横浜F・マリノス 積極補強+守備の要の復帰でまずは2試合ぶりの白星を

【プラス材料】
 大分トリニータとのリーグ戦の通算対戦成績は10勝3分5敗と大きく勝ち越し。さらに今節はDFチアゴ・マルチンスの復帰が有力視されている。圧倒的なスプリント能力を誇る守備の要の復帰は心強い材料で、これで最近2試合センターバックで起用されているDF松原健を本職のサイドバックに戻すこともできる。

 加えて、クラブは今夏も積極的な補強を行っている。松本山雅からFW前田大然を期限付き移籍で獲得し、MF松田詠太郎が相模原から復帰。その松田は前節の柏レイソル戦でJ1デビューを飾った。そして、今週に入って柏からFWジュニオール・サントスを期限付き移籍で獲得。ここから始まる連戦に向けて、チーム強化に余念がない。

【マイナス材料】
 昨季のアウェイでの大分戦は0-2と完敗。相手に研究され、思うようにボールポゼッションできなかった。当時と変わらずハイラインを貫くスタイルは、DFとGKの間に広大なスペースを生んでいる。そこを突かれての失点も珍しくなく、大分が横浜F・マリノスのウィークポイントを狙ってくるのは間違いない。

 ここまで15失点と守備に不安を抱えているのは明らかで、一度も連勝がないのはそのためだろう。あるいは選手の顔ぶれが変わることで完成度が若干ながら落ちている点も見逃せない。優勝した昨季終盤はチームとして一体感があり、スタメンもほぼ固定されていた。それと比較した時、今季はメンバーの入れ替わりが激しく、選手層を厚くしたことがチーム作りを難しくしている一因かもしれない。

文:totoONE編集部

totoONEでは他の対戦カードのプレビューも公開中!

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA