FOLLOW US

【広島vs湘南プレビュー】広島は開幕節以来のホーム戦勝利を目指す…湘南は相性の悪さを払拭できるか

[写真]=金田慎平、清原茂樹

サンフレッチェ広島 前線の3枚は好調。懸念材料は蓄積疲労と移動のダメージ

【プラス材料】
 前節の横浜FC戦は攻守ともに、ほぼパーフェクトな出来だったと言っていい。

 前線からの激しいプレスは相手の自由を奪い、セカンドボールも確実に回収。球際での勝負にもほぼ勝利し、前半はハーフコートゲームの様相を呈したうえで2点を奪った。後半は相手がリスク承知で攻めてきたので押し込まれる時間もあり、セットプレーでやや危ないシーンがあったものの、しっかり集中して守りきり、5試合ぶりの白星を獲得した。

 特に前線のFWドウグラス・ヴィエイラ、MF東俊希、MF森島司の3人のバランスが良く、機動性が担保されていることが躍動感につながった。内容と結果が伴った勝利は今後につながっていく。

【マイナス材料】
 JリーグYBCルヴァンカップの北海道コンサドーレ札幌戦でターンオーバーを導入し、出場機会が少ない選手たちを起用して勝負を挑んだ。内容は決して悪くなかったものの、ミス絡みの失点が続いて痛い敗戦を喫している。

 DF野上結貴は前節の横浜FC戦に続いてのフル出場、MF茶島雄介やMF藤井智也らもリーグ戦から連続して先発出場しており、夏場の連戦の影響をもろに受けてしまう。さらに、横浜→広島→札幌→広島という移動もハードで、疲労は間違いなく影響する。コンディション不良で横浜FC戦と札幌戦のメンバーから外れたFWレアンドロ・ペレイラの状態も気がかりだ。

 梅雨が明け、強烈な暑さと湿気が襲ってくる夏の広島での連戦は、選手たちの体を想像以上に痛めつける。

文:紫熊倶楽部 中野和也

湘南ベルマーレ 黒星が続くも希望あり。敵地で2勝目をつかめるか

【プラス材料】
 セレッソ大阪をホームに迎えた前節は0-1で惜敗した。なかなか勝ち点を積み上げられない状況が続くが、内容のすべてが否定されるものではない。前節も然りで、相手にポゼッションを譲りながらも、コンパクトな組織のもとで連動し、容易にチャンスを与えない。また、高い位置でボールを奪ってフィニッシュに持ち込む場面もあった。

 水曜日のJリーグYBCルヴァンカップ・柏レイソル戦も見過ごせない。今季初先発や今季初めてメンバー入りした選手も名を連ねた中で、立ち上がりからチームとしてアグレッシブにプレーし、一度ならずチャンスも作った。こちらも0-1で敗れはしたものの、フレッシュなメンバーの台頭も含めて、今後への希望を内容に表した。

 今節対戦するサンフレッチェ広島とは、残留争いの渦中でもぎ取った昨季の勝利が記憶に新しい。

【マイナス材料】
 第6節の鹿島アントラーズ戦で今季リーグ戦初勝利を挙げて以降、2連敗と波をつかめていない。ここまで1勝1分6敗、順位も最下位に沈んでいる。

 前節のC大阪戦は相手にPKを与えて失点した。また、ルヴァンカップの柏戦ではセットプレーで決勝点を奪われている。本来の粘り強い守備を思えば、らしくない印象だ。攻撃面では、ボールを動かしながらゴールへと前進していく今季の取り組みが随所に表れている。遅攻に一定の手応えが浮かぶ反面、奪った後にボールを下げるシーンが多く、もともと備えていた縦に速い攻撃が鳴りを潜めている。互いを生かすためにも、状況に即して速攻と遅攻を適切に使い分けたいところだ。

 今節対戦する広島との通算対戦成績は13勝5分21敗。相手のホームゲームでは4勝4分12敗と大きく負け越している。

文:隈元大吾

totoONEでは他の対戦カードのプレビューも公開中!

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA