FOLLOW US

【神戸vs仙台プレビュー】今季初の連勝を達成したい神戸…リーグ戦3連敗中の仙台は同カード3年間白星なし

[写真]=Getty Images、大木雄介

ヴィッセル神戸 チーム内得点王・古橋不在の穴を埋めきれるか

【プラス材料】
 前節の北海道コンサドーレ札幌戦は3-2で逆転勝ち。MF山口蛍の今季初得点を含む2ゴールに、FWドウグラスの今季3得点目など、攻撃面で好材料が目立った。それを踏まえ、今節のプラス材料は2つ。

 1つは、第5節・清水エスパルス戦以来の得点が生まれた点。セレッソ大阪戦、ガンバ大阪戦と2試合連続で無得点だった攻撃陣にとってはトンネルを抜ける契機に。その2試合でシュート1本だけだったドウグラスのゴールは、チームとしても大きな1点だろう。

 もう1つは、DFダンクレー、DF大﨑玲央、DFトーマス・フェルマーレンの3センターバックが今季初めて組めた点。守備の安定もさることながら、攻撃のバリエーションが増えた。札幌戦の山口の1点目はフェルマーレンからドウグラスへのロングパスが起点となっている。

【マイナス材料】
 マイナス材料は3つ。1つ目は、エースFW古橋亨梧の動向。前節・札幌戦の11分に負傷交代。今節に出場できるかどうかは微妙だ。札幌戦は山口の2ゴールがあったとはいえ、やはり古橋の不在はチームにとって大きな痛手となる。

 2つ目は、引いて守る相手を崩すという課題をまだクリアできていない点。札幌戦は3発快勝も、相手が引いて守っていたわけではない。今節戦うベガルタ仙台が引いて守備を固めた場合、それをどう攻略するかはひとつのテーマになりそうだ。

 3つ目は、札幌戦で守備のミスが散見された点。相手の先制点はフェルマーレンのクリアミスから。GK飯倉大樹のパスミスを狙われ、ロングシュートを決められかけたシーンも。昨季の主力が戻った点は好材料だが、連係ミスも目立っている。

文:totoONE編集部

ベガルタ仙台 新星の台頭は朗報。主力選手の相次ぐ負傷が気がかり

【プラス材料】
 苦しいチーム状況だが、プラス材料はある。前節の横浜F・マリノス戦で布陣にバリエーションを加えられたことがそのひとつだ。攻撃的な横浜FMを相手に、中盤の守備を厚くするためダブルボランチを採用。これが奏功してカウンターを効果的に仕掛けられるようになった。今節も継続してこの形を機能させられれば、敵地での戦いにおいてプラスになる。

 また、前節にデビューしたJFA・Jリーグ特別指定選手のDFアピアタウィア久も明るい材料だ。大柄ながら寄せが速く、堂々のプレーぶり。タレント揃いのヴィッセル神戸相手に彼をぶつけてみるのも面白い。

 また、FW長沢駿のモチベーションにも期待したい。彼にとって神戸は古巣のひとつ。今季リーグ戦2点目を『ノエビアスタジアム神戸』で取ることができるか。

【マイナス材料】
 悪い流れが止まっていないことが最大の不安材料。リーグ戦で6試合勝ちがなく、最近の3試合に限れば3連敗。しかも、前節の横浜FM戦は今季初めて無得点に終わってしまった。なんとかしてこの流れを止めたい。

 神戸との相性も悪い。ベガルタ仙台が神戸に公式戦で勝利したのは、2016年のJ1・2ndステージ第15節が最後だ。昨季も2戦して2敗に終わっている。

 そして、負傷者たちの状況も気がかりだ。MF富田晋伍が練習中に負傷して手術を受け、全治約6カ月と診断された。また、前節の試合中に負傷したFWジャーメイン良とMF松下佳貴も今節に間に合わない可能性が高く、攻撃面での貢献が大きい彼ら2人を欠くとなれば苦しい。

文:totoONE編集部

totoONEでは他の対戦カードのプレビューも公開中!

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA