FOLLOW US

【札幌vs横浜FMプレビュー】ホームでの初勝利を目指す札幌…ダービー快勝の横浜FMは今季初の連勝なるか

[写真]=兼子愼一郎、Getty Images

北海道コンサドーレ札幌 日程の妙がホーム初勝利への追い風に

【プラス材料】
 リーグ戦再開後、前節のFC東京戦まで5試合負けなし。2勝3分と引き分けが先行している状態ではあるものの、負けないチームになっているのは大きなプラス材料と言える。90分間通じてチームが落ち着いて戦えるようになっている印象だ。

 そして、その中でのさらなるプラス要素としては、前節から中3日で迎えるこの試合をホームで戦えること。リーグ戦再開後はアウェイ4連戦で、心身ともに難しいシチュエーションでの試合が続いてきた。前節にホーム開幕戦を戦い、今節、そして次節もホームで戦える状況は、しっかり腰を据えてこの試合に挑めることを意味するはずだ。

 前節はFC東京のブラジル人アタッカー陣に対し、ルーキーのDF田中駿汰が的確に対応できたのも収穫。加えて、出場停止だったMF荒野拓馬もこの試合から復帰となる。

【マイナス材料】
 ハードなディフェンスが要因なのか、それとも相手に脅かされているのか。それは明確ではないが、イエローカードを受けがちになっているのが気がかり。第5節・ベガルタ仙台戦で荒野が一発退場になったのに加え、前節のFC東京戦はMF宮澤裕樹をはじめ守備的ポジションの選手が警告を受けてしまった。交代枠が5つあるため、選手交代で退場のリスクを減らすことはできるが、当然ながら警告を少なく戦いたいところ。横浜F・マリノス相手には守備的にならざるを得ない状況も出てくると予想できるため、ファウルで止めるような展開になると苦しくなる。

 また、アウトサイドの守備がなかなか安定しきらず、前節も最後の最後で左サイドを破られて勝利を逃してしまった。個人の問題なのか、グループの問題なのか、選手交代で改善できるのか。いずれにせよ、リーグ戦再開時から気がかりな部分で、狙われる可能性も高い。

文:totoONE編集部

横浜F・マリノス 相次ぐ主力の負傷離脱。この難局を乗りきれるか

【プラス材料】
 リーグ戦2連敗で迎えた前節の横浜FC戦は4-0の完勝を収めた。序盤こそ相手のアグレッシブさに苦しめられたが、オウンゴールで先制してからは自分たちの流れに持ち込んでいる。

 攻撃を牽引したのは、2試合連続ゴールで今季ここまで4得点を挙げているFWマルコス・ジュニオールだ。攻撃の多くに関与しながら、チャンスの場面では抜群のフィニッシュ能力を発揮。横浜F・マリノスのアタッキングフットボールを支える存在になっている。

 また、MF遠藤渓太横浜FC戦で1ゴール1アシストの活躍を見せた。切れ味鋭いドリブル突破でチャンスを作り、相手ゴール前で貪欲にゴールネットを揺らす。新進気鋭の22歳にかかる期待は大きい。

【マイナス材料】
 18日の第5節・鹿島アントラーズ戦でDFチアゴ・マルチンスとFWエリキが負傷交代。前者は守備の要として欠かせない存在で、後者は昨夏に加入して以降12試合で8得点を挙げ、15年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した点取り屋だ。両選手とも22日の前節・横浜FC戦を欠場しており、今節に間に合うかは微妙なところ。復帰できたとしても万全のコンディションとは言いがたい。

 さらに、その横浜FC戦でFW仲川輝人が負傷交代。約4カ月の中断期間があった影響なのか、リーグ戦再開後は負傷者が続出している。ベストメンバーを組むのが難しい状況でのやりくりを余儀なくされており、今節も難しい一戦になりそうだ。

 また、昨季の北海道コンサドーレ札幌とのアウェイゲームでは0-3の完敗を喫した。横浜FMの良さを消してくる相手を上回れるか、もポイントになる。

文:totoONE編集部

totoONEでは他の対戦カードのプレビューも公開中!

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO