FOLLOW US

【#おうちWEEK】Jリーグ界きっての音楽通 鳥栖DF小林祐三が選ぶ『DJパンゾーが今、流したいミュージック』 ~家での時間を楽しもう~

[写真]=J.League、Getty Images

 サガン鳥栖でサイドバックを主戦場としてプレーするDF小林祐三選手。サッカー選手として献身的なプレーを見せ続けてくれていますが、ひとたびピッチを離れると、屈指の音楽通であることはご存知の方も多いのではないでしょうか。

 音楽をテーマとした企画にこれまでもたくさん参加してきていて、好きが高じて横浜F・マリノス在籍時代にはYokohama Bay HallでDJイベントをやってしまうほど。

 そんな“DJパンゾー”に、『今、流したいミュージック』をテーマに、セットリストを作ってもらいました!

【セットリスト】

1.tell me tell me / m-flo Sik-K & eill & 向井太⼀
2.春はトワに⽬覚める(Ver.2) / MONDO GROSSO
3.明るい未来 / never young beach
4.I Got a Feeling(feat. Benjamin Diamond) / 80KIDZ
5.朝顔 / 折坂悠太
6.さらしもの(feat. PUNPEE) / 星野源
7.ハイビスカス / MINMI
8.charmed / DE DE MOUSE
9.胸いっぱい / サニーデイ・サービス
10.チューリップ / indigo la End
11.愛のままを / カネコアヤノ
12.WORLD’S END SUPERNOVA / くるり
13.ラズベリー / スピッツ
14.1 more night feat. MONKEY MAJIK / ravex
15.痛いよ / 清⻯⼈
16.染まるよ / チャットモンチー
17.Karma / スーパーカー
18.FAIRWAY / スーパーカー

※音楽配信サービス『Spotify』のサッカーキングアカウントでも公開していますので、ぜひフォローしてください! 他の選手のプレイリストも随時更新中です!

【小林祐三選手にアンケート】

(1)セットリストのテーマを教えてください。また、リスナーにはどのようなイメージで聴いてほしいですか?

「⽇本のシーンから選びました。⽇本だけでなく、世界中の誰とでも繋がれる環境から、急に隣の⼈とさえも会えなくなってしまった寂しさを感じる今の状況です。⼈との距離が遠くなって⼈恋しくなっている⽅に⽇本がつくった曲を感じてほしいですし、近くにいる⼈をまず⼤事にしてほしいと願っています」

「統⼀された⾳楽のジャンルではなく、しっとりとした曲、ミドルテンポが⼼地良い曲、ノリの良い曲など様々な曲を選んだので、ライブに行くイメージで聴いてください」

(2)普段はどのようなジャンルの楽曲を聴いていますか?

「こういうジャンルが好きというより、直感的に『かっこいい』と感じたものを聴きます。その時に⾃分が置かれた状況や流⾏も関係してきます。今はPOPな曲を聴いて元気をもらっています。例えば試合前は、BPM120~140がアスリートのパフォーマンスに良い影響を及ぼすと何かの論⽂で読んだことがあって、それからなるべくそのBPMの曲を聴いています」

(3)今回選んでいただいた楽曲の中でも、特にお気に入りの3曲とその理由を教えてください。

<愛のままを/カネコアヤノ>

「ラジオを聴いている時に流れてきて、『この曲好きだな』って。サビの前からテンポが変わるのですが、そこの部分だけでなく、1曲の中にストーリーがあってそれに引き込まれていく感じです」

<春はトワに⽬覚める(Ver.2)/MONDO GROSSO>

「少し前にオンラインフェスでMONDO GROSSOが流れていたのですが、それを聴いた熱がまだ⾃分の中に残っています。MONDO GROSSOの⾳とUAのボーカル、親和性が⾼い⼀曲です」

<FAIRWAY/スーパーカー>

「⾼校の時から思い出に残っている曲です。この曲が収録されたアルバムが⼤好きで『FAIRWAY』だけでも最⾼ですが、アルバムの中でその前の曲『Karma』から『FAIRWAY』への繋がりが抜群にかっこいいです」

 少しでも皆さんの「おうち時間」が楽しい時間となるように、ぜひ活用してみてください!



BACK NUMBERおうちWEEKのバックナンバー

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO