FOLLOW US

広島、松本から永井龍を獲得…L・ペレイラのレンタル期間延長も発表

来季広島でプレーする(左)永井と(右)L・ペレイラ [写真]=Getty Images

 サンフレッチェ広島は26日、松本山雅FCからFW永井龍の完全移籍で獲得と、今季途中松本から期限付き移籍で加入していたブラジル人FWレアンドロ・ペレイラの移籍期間の延長を発表した。

 現在28歳の永井は2010年にセレッソ大阪でプロデビュー。過去オーストラリアでもプレーし、2018年に松本に加入した。今季は明治安田生命J1リーグで27試合に出場し、3ゴールを記録した。

 完全移籍にあたり、永井は松本の公式HPで以下のようにコメントした。

「2年間という短い期間でしたが、松本山雅FCのチーム、スタッフ、チームメイト、クラブを支えていただいている皆様、そしてサポーターには感謝しかありません。ホーム・アルウィンでの試合の時は、相手チームに対して、『どうだ!凄いだろ!これがアルウィンだぞ!』と毎試合胸を張って誇れるスタジアムの雰囲気、力強い声援でした。世界に誇れるものだと自分は思います。そんなアルウィンを味方にし、皆様の声援に背中押されプレーできた2年間は本当に幸せでしたし、自分のサッカー人生の宝物です。一生忘れません。本当にありがとうございました」

 そして加入する広島の公式HPで以下のようにコメントしている。

「サンフレッチェ広島に関わる全ての皆さま。初めまして、永井龍です。サンフレッチェ広島というチームの一員になれたことをとても光栄に思います。1試合でも多く試合に出て、1点でも多くゴールを取り、チームの勝利に貢献できるように努力します。よろしくお願いします」

 また、現在28歳のL・ペレイラは今季開幕前に松本に加入。J1リーグで12試合に出場し2ゴールを記録すると、今年8月に広島へと期限付き移籍で加入した。広島ではJ1リーグで9試合に出場し4ゴールを記録した。なお、移籍期間は2020年2月1日から2021年1月1日まで延長され、契約により、移籍期間中の松本との全ての公式戦に出場できないことも発表されている。

 期限付き期間延長に際し、L・ペレイラは松本の公式HPで以下のようにコメントした。

「松本山雅FCの関係者、ファン・サポーターの皆さまには感謝しています。日本で初めてプレーをしたチームであり、その日本に来れたのは松本山雅のおかげです。自分を助けていただき心から感謝しています。来年も広島でプレーしますが、遠くから応援していただけると嬉しいです」

 そして広島の公式HPで以下のようにコメントしている。

「サンフレッチェ広島と契約更新できてとても嬉しく思います。クラブ関係者、ファン・サポーターの皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。来シーズンも自分のベストを尽くし、仲間と共にサンフレッチェ広島に大きな栄光を与えられるようにしたいです」

記事中、L・ペレイラの経歴表記に誤りがございましたので、訂正いたしました(26日17時16分)。

Jリーグ観るならDAZN!
期間限定2カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA