FOLLOW US

松本山雅が布啓一郎氏の新監督就任を発表…今季は群馬でJ2昇格を達成

松本が来季の監督に布啓一郎氏の就任を発表

 松本山雅FCは12日、2020年シーズンの監督に布啓一郎氏が就任することを公式サイトで発表した。

 布氏は1960年12月21日生まれの58歳。日本体育大学で選手を引退後、1984年に船橋市立船橋高校体サッカー部監督として指導者のキャリアをスタート。2002年に退任するまでに全国高校総合体育大会(インターハイ)と全国高校サッカー選手権大会を4度ずつ制するなど輝かしい実績を挙げた。2003年以降はU-16、U-19の日本代表監督を務めるなど日本サッカー協会の要職を歴任した。

 その後、2015年にファジアーノ岡山のトップチームコーチに就任してJリーグでの指導者キャリアを開始。2018年にザスパクサツ群馬の監督となり、初年度はJ3で5位、今季は2位と好成績を収め、J2昇格に導いた。

 松本は2018年シーズンにJ2優勝を果たし、今季は反町康治監督8年目のシーズンをJ1で迎えたが、リーグ最少の21得点と攻撃面で苦しみ最終順位は17位。1年でのJ2降格となり、8日に反町監督の辞任を発表していた。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO