FOLLOW US

「思い出が消えることはない」…引退するビジャへ、盟友たちから届いた惜別のメッセージ

引退を表明したビジャの下へ、かつてのチームメイトたちが続々とメッセージを寄せている [写真]=Getty Images

 ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表FWダビド・ビジャが、2019シーズン限りでの現役引退を電撃的に発表した。スペイン代表の元チームメイトやかつての恩師が惜別のメッセージを送る様子を、『MARCA』電子版などが伝えている。

 現在もスペイン代表で活躍するセルヒオ・ラモスは、2010年南アフリカ・ワールドカップで優勝した後、飛行機の中で一緒に熱唱するシーンの動画とともに「スパイクを脱ぐことになっても、思い出が消えることはない。偉大なるグアヘ(ビジャの愛称)ビジャ!」とツイートした。

 イケル・カシージャスは「我々の“グアヘ”が引退する。友と一緒に過ごした最高の日々に感謝したい。素晴らしい未来を願っているよ、偉大なるビジャ」とツイート。スペイン代表での試合中やトレーニング中のカットが添えられている。

 ペペ・レイナはワールドカップやユーロのトロフィーにキスをしている画像などを載せ、「君のゴールが見られなくなるのは残念だ。多くの素晴らしい時間を一緒に過ごしてきたので、それらを一つにまとめることなんてできない。君は素晴らしい人間で、最高のフットボーラー、もはや伝説の男だ。新たなプロジェクトがうまくいくことを願っているよ」と記した。

 ジョアン・カプデビラはビジャと一緒に写っている画像を探したようで、「君の友人であることを誇らしく思う。君自身、君が収めた成功、何よりも仲間を思いやるその気持ちが、どれほど素晴らしいものか。君と一緒に写っている写真を探した。すべてが最高の思い出だ。新しい道を進む君と君の家族の成功を祈っている」と記し、いくつかの画像を掲載した。代表の試合では前後に並んで入場することが多かったようで、国歌斉唱の際に肩を組む写真が確認できる。

 現アーセナルのウナイ・エメリ監督は、バレンシア時代にビジャを指導している。当時の画像とともに、次のようなメッセージを送っている。

「チームでともに仕事をする中で秘密の話をし、無理な要求もした。私のキャリアの一部を、君のような素晴らしい才能を持ったプレーヤーと分かち合えたことを誇りに思う。ダビド、心からありがとう。新たな挑戦に向かう君の成功を祈る」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA