2019.10.02

フェアプレー宣言中にブーイング発生…G大阪が声明「申し訳ございません」

ガンバ大阪
ブーイング発生を受けてガンバ大阪が声明を発表した
サッカー総合情報サイト

 ガンバ大阪とセレッソ大阪が対戦する“大阪ダービー”の試合前にブーイングが発生していたようだ。G大阪が2日に公式HPで伝えている。

 G大阪は28日に行われた明治安田生命J1リーグ第27節でC大阪と対戦。G大阪は3失点を許し、痛い敗北を喫する結果となった。

 今回の発表によると、この試合のキックオフ直前のフェアプレー宣言でビジターゴール裏からブーイングが発生した模様。この事実を受け、G大阪が声明を発表した。

「一部のサポーターによるブーイングは、一選手に向けたものが発端ではありましたが、フェアプレー宣言中に行なわれてしまうこととなり、クラブとしても非常に遺憾に思っております。ガンバ大阪を応援して頂いているサポーター・ファンの皆様、スポーツを愛する多くの皆様に不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございません」

「応援を統率するサポーターともこの件について話をしており、今後、このような行為が行われないよう、サポーター・クラブが一体となり努めて参ります。引き続きご声援よろしくお願いいたします」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る