FOLLOW US

クラブ歴代最多ゴールをマーク…興梠慎三が第18節『浦和レッズ サポーターが選ぶMVP』選出

第18節のMVPに選出された浦和のFW興梠慎三 [写真]=浦和レッズ

 J1リーグ2019年シーズンからスタートした、浦和レッズのサポーターが毎試合のMVPを投票して決定する『浦和レッズ サポーターが選ぶMVP(サポーターdeセレモニー)』。第18節、ホームでのベガルタ仙台戦の最多得票はFW興梠慎三が獲得した。

 大槻毅監督が「前節大分で敗れて、勝ち点3を絶対に取らないといけない、という思いがありました」と語った今節。浦和は序盤から主導権を握り、42分に興梠が仙台ゴールを打ち破る。興梠はこのゴールで浦和でのJ1通算ゴールを「92」に伸ばし、福田正博氏の記録を抜いてクラブ歴代最多ゴールをマークした。「ホームでなかなか勝てない時期が続いていたので、自分のゴールで勝てたことは非常にうれしく思っています」。試合後にこう感想を述べた興梠。85パーセント以上の得票数を集め、今シーズン4度目のMVPに選ばれた。

■投票者のコメント
・浦和のエース! ホーム勝利のため慎三さんのゴールが必要です。今日のゴールで福田越え! これで真の浦和のエースですね。
・落ち着いたループシュートで決勝弾! さすが仙台キラー! 浦和のエース!!
・92点目、おめでとう慎三!!
・芸術的なループシュート。これぞ浦和のエース。名実ともに浦和のNo.1ストライカーになった92点目のゴール。
・なかなか相手を切り崩せずに苦労していた中での素晴らしいループシュートはさすが浦和のエース。そして、浦和レッズの最多得点記録、おめでとうございます。今後もレッズのために記録を伸ばし続けていってください。
・やっぱりこの男でしょ! 窮地を救って、ミスターレッズの記録を更新!
・絶妙なタイミングでの抜け出しから、キーパーとの間合いをはかり頭を越すシュートは興梠選手の技術が詰まったゴールでした! 浦和でのJ1最多ゴールを更新し名実ともに浦和最強のストライカーです!
・令和のミスターレッズ!!
・浦和歴代最高得点ランキング1位、ワザありの美しいループシュート。
・歴史的な一戦、スタジアムで観戦できて最高でした。チームメート、サポーターへの気配りもできる最高の選手。リーグ戦後半も頼むぞ! 浦和のエース!! おっと、ACL、ルヴァンもお願いしますね。
・技ありループの決勝点に、レッズ歴代最多得点記録の更新した興梠選手が文句なしでMVP! まさに浦和のエース!!
・武藤と興梠の心が繋がった値千金のパスからのシンゾーゴールでした。オシャレなループも最高!!
・ただ一言、「浦和レッズと言えば、興梠慎三
・Mr.REDS! レジェンドになりました。これから100ゴール、150ゴール目指して頑張ってください。
・浦和のレジェンド超えのゴールは 技有りのループシュート。これからも 浦和の歴史を作っていって欲しいです!
・レッズのエースとして結果を残しチームを勝利へと導いてくれる大切な存在、キャプテンがいない中、副キャプテンとしてチームをけん引する姿はMVPに値する。
・決めるべき人が決めるべき時に決める。こんな当たり前の時を観るためにスタジアムに足を運んでいます。
・自身の記録に虹をかけるかのような華麗なループシュート。ミスターレッズの記録を破る素晴らしい一撃。稀代のエースストライカーとはまさに興梠選手のこと! これからの活躍も期待しています!
・まさに「ゴールの詩人」にぴったりのゴールでした! 武藤とのコンビプレーで、大好きな得点パターンでした!

■得票率
1.興梠慎三(86.35%)
2.武藤雄樹(7.24%)
3.岩波拓也(2.51%)
4.橋岡大樹(1.39%)
5.長澤和輝(0.56%)
6.杉本健勇(0.56%)

【概要】
明治安田生命J1リーグにおいて、試合終了後(試合4日後までを予定)にファン・サポーターがWEB投票によってMVPを選出。投票に参加したユーザーには『MVP獲得選手のサイン入りユニフォーム』『「ティナラウンジ」ディナー券3,000円分』『セレモニーオリジナルベア』が抽選でプレゼントされる。次回投票は、7月13日(土)第19節の横浜F・マリノス戦にて実施される。

詳細・投票は下記の専用ホームページから。
初回のみ要ユーザー登録。
http://www.ceremony.jp/2019_SdC/

主催:セレモニー
実行委員会:セレモニー、フロムワン(サッカーキング、浦和マガジン)、テレ玉(GGR)
協力:浦和レッズ

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA