2019.06.21

ポドルスキが自身の症状を説明…「あと4、5週間は休まないといけない」

[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

「鼓膜に損傷があった」――、ヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが6月20日付けの『ビルト』に話している。



 このニュースは、瞬く間にドイツメディアに引用され広まった。神戸のリリースで「真珠腫性中耳炎」と説明された自身の病状について、ポドルスキ本人が「鼓膜に損傷があって、骨にも何かしらの異常が見つかったんだ。結局、手術は難しいものになり、2時間もかかったんだ」と説明した。ドイツ帰国に至るまでに、病状の進行具合は二転三転したようで、高熱とめまいで日本の病院で手当を受け、一時的に症状が軽くなると一時はチームに復帰していた。

「日本の病院に入院した後、少しの間は良くなったけれど、翌週には再び具合が悪くなった。だから、クラブにドイツで診察させてもらえるように頼んだんだよ」と帰国までの経過も説明。診察によれば、この病気の発端は酷い中耳炎と見られており、手術には骨の施術にドリルも使われたようだ。

 ポドルスキは現在の状態について「いくらか体調は良くなった。でも、あと4、5週間は休まないといけない。耳の中には、まだ綿が詰められているんだ」と話した。新監督ともメールで連絡は取り合っているようで、「彼は、復帰に向けて燃えている。耳の問題で、飛行機での移動は禁止されているが、彼の回復具合の様子を見てみよう」と神戸のトルステン・フィンク監督は同紙にコメントを寄せている。

 また、来年の1月で切れる契約に関しては、「あらゆる可能性に対してオープンだよ。僕自身の将来について、考えるための時間はまだあるからね」と明言を避けた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
52pt
鹿島アントラーズ
51pt
横浜FM
48pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
63pt
山形
57pt
横浜FC
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
群馬
44pt
熊本
44pt
北九州
43pt
Jリーグ順位をもっと見る