2019.05.02

「平成最後」を独占した浦和レッズ、「令和最初」のゴールに子どもたちの期待高まるGW

浦和と元浦和の選手が“平成最後”を独占した
サッカー総合情報サイト

 令和最初のJリーグが5月3日に行われる。最も早い14時にキックオフするのは浦和レッズ対ジュビロ磐田、サンフレッチェ広島対横浜F・マリノス、ツエーゲン金沢対アビスパ福岡の3試合だ。中でも注目は「平成最後」のゴールを男女両チームで記録した浦和だ。

 先陣を切ったのは“女子”浦和レッズレディースだった。4月27日、ひとめぼれスタジアム宮城でマイナビベガルタ仙台レディースと対戦。浦和が1点リードして迎えた試合終了間際の90分、佐々木繭が右足で、なでしこリーグ「平成最後」のゴールを押し込んだ。

 佐々木の今シーズン初ゴールなどにより2-0で勝利を飾った浦和は、なでしこリーグの首位に浮上した。

なでしこリーグ「平成最後」のゴールを決めた佐々木

Jリーグ「平成最後」のゴールは興梠

 その翌日、“男子”浦和レッズも後に続いた。浦和はアウェイのIAIスタジアム日本平に乗り込んだ。清水エスパルス戦の90+7分、中盤で青木拓矢がボールを奪い前線にフィード。右サイドを駆け上がった途中出場の汰木康也がゴール前にグラウンダーのパスを送る。そこに走り込んだ興梠慎三が、相手ゴールキーパーの動きを見て冷静にボールをふわりと浮かせ、鮮やかにゴールを決めてみせた。結局、浦和レッズレディースと同じスコアの2-0で浦和が清水を下す。「平成最後」のアシストは汰木、「平成最後」のゴールを挙げたのは興梠だった。

Jリーグ「平成最後」のゴールは興梠の技巧的なゴールだった

元浦和の関根が海外組「平成最後」のゴール

 それだけではなかった。ベルギー1部シント・トロイデンの関根貴大が、4月29日に行われた試合の後半アディショナルタイムに海外移籍後初ゴールを決めたのだ。これが海外組「平成最後」のゴールとなった。

 関根は2017年夏、浦和からドイツ2部インゴルシュタットに移籍を果たす。しかし、出場機会に恵まれず、今シーズンからシント・トロイデンに期限付きで移籍していた。海外移籍後初ゴールが決まると、同僚で、同じく元浦和の遠藤航が駆け寄り喜びを分かち合った。試合後、自身のTwitterで「ほんとに、ほんとに長かった」と心情を明かすと、かつて浦和のチームメートだった梅崎司や岩舘直からも祝福を受けた。

関根の移籍後初ゴールが海外組「平成最後」のゴールとなった(写真は浦和在籍時のもの)

 浦和は5月3日、埼玉スタジアムに磐田を迎える。小中高生の指定席が『Go Go Reds!』にちなんで550円で販売されるこの試合、「平成最後」のゴールを独占した浦和が、子どもたちの前で「令和最初」のゴールを記録するのか、大きな期待が集まる。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
25pt
マンチェスター・C
19pt
レスター
17pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
16pt
バイエルン
15pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
19pt
レアル・マドリード
18pt
グラナダ
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
22pt
インテル
21pt
アタランタ
17pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
56pt
FC東京
56pt
横浜FM
55pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
72pt
山形
64pt
横浜FC
64pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
52pt
藤枝
50pt
群馬
49pt
Jリーグ順位をもっと見る