FOLLOW US

徳島に痛手、新戦力のジエゴが左ひざ半月板損傷で手術…全治4~5カ月

昨季は水戸でプレーしたジエゴ [写真]=Getty Images

 徳島ヴォルティスは22日、DFジエゴがかねてより負傷していた左ひざの手術を受けたと発表した。

 ジエゴは左ひざ半月板損傷と診断され、先月28日に手術を受けた。全治は約4~5カ月の見込みとなっている。

 ジエゴは1995年生まれの23歳。メトロポリターノ、ジョインビレECを経て2017年は松本山雅FCへ期限付き移籍で加入した。公式戦7試合の出場にとどまって退団した後、昨季はジョインビレECからの期限付き移籍で水戸に加入。明治安田生命J2リーグで34試合出場1得点、天皇杯で1試合出場を記録した。

 昨季限りで水戸への期限付き移籍期間が満了し、退団が決定。そして昨年12月、所属元のジョインビレECからの完全移籍で徳島へ加入することが決まった。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO