FOLLOW US

湘南の30歳FW高山、大分へ完全移籍で加入「自分を必要としてくれた」

ルヴァンカップを制した高山薫 [写真]≒Getty Images

 大分トリニータは29日、湘南ベルマーレのFW高山薫が完全移籍で加入することを発表した。

 川崎フロンターレユース出身で現在30歳の高山は専修大学を経て2011年に湘南へ入団。2014年には柏レイソルへ完全移籍したが、1年で湘南に復帰した。今季はJ1リーグ戦22試合に出場した。

 同選手は大分のクラブ公式サイトを通じ次のように決意表明している。

「この度、大分トリニータの一員になりました高山薫です。大分トリニータがこのような機会をくれたこと、自分を必要としてくれたことに本当に感謝していますし、大分という素晴らしいチームでサッカーをできることが本当に楽しみです」

「チームの勝利に貢献できるように、そしてチームと共に自分も成長できるように泥臭く一生懸命、勇気と覚悟をもって全力で頑張りますので応援よろしくお願いします!」

 また、プロキャリアを始めた湘南に対しては新天地での活躍を誓った。

「この度、大分トリニータに移籍することになりました。湘南は初めてプロとしてJリーグの舞台に立たせてもらったクラブであり、一度移籍したにも関わらず、戻った時も本当に温かく、クラブ、選手、サポーターの皆さんには迎えてもらいました。本当に感謝しています」

「再び湘南を離れることは自分にとっては本当に大きな決断でした。7年間湘南でサッカーをして、湘南ではサッカー以外の面でも周囲の人達に本当に支えていただきました。おかげさまで本当に何不自由なくサッカーをさせていただいたと思っています。ただ1人のサッカー人として、まだまだ自分は成長できると信じていますし、今がそのチャンスの時だと思っています」

「湘南で培ってきたものを、さらに大分で成長させられるように頑張りたいと思います。湘南ベルマーレに関わる全てのみなさん、7年間本当にありがとうございました!」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA