2018.12.28

札幌、元広島のFWアンデルソン・ロペスと仙台MF中野嘉大を完全移籍で獲得

アンデルソン・ロペスと中野嘉大
札幌がアンデルソン・ロペスと中野嘉大の獲得を発表 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 北海道コンサドーレ札幌は28日、韓国のFCソウルからFWアンデルソン・ロペス、ベガルタ仙台からMF中野嘉大をそれぞれ完全移籍で獲得したと発表した。

 ブラジル出身で25歳のアンデルソン・ロペスは、2016年7月にアトレティコ・パラナエンセからサンフレッチェ広島へ加入すると、2年目の2017年には明治安田生命J1リーグで10得点を記録した。今季からは渡った韓国ではリーグ戦30試合の出場で、6得点を記録していた。

 同じく現在25歳の中野は筑波大学を卒業後、2015年に川崎フロンターレへ加入し2年間プレー。2017年に仙台へ期限付き移籍移籍で加入し、今年から完全移籍に切り替えた。今季の明治安田生命J1リーグでは25試合に出場して2得点を記録していた。

 加入が決定した2選手はクラブの公式サイト上でコメントを発表し、意気込みを語っている。

■アンデルソン・ロペス
「北海道コンサドーレ札幌サポーターのみなさん、はじめまして、アンデルソンです。この度、サポーターのみなさんにご挨拶ができることを嬉しく思っております。今シーズンからコンサドーレのユニフォームに袖を通すことになり、大変嬉しく思っております。私はこの機会をいただき非常に楽しみにしてると同時に、早くチームメイトと共にグラウンドに立ってサポーターのみなさんの前でプレーして、たくさんの喜びを与えることが出来ればと思います。そして、クラブフロントのみなさんには、私の力を信じてこの機会を与えてくれたことに感謝いたします。チームフロント、選手、スタッフ、そしてサポーターのみなさんの期待を裏切らないように全身全霊プレーしますので、チームの応援をよろしくお願いします。素晴らしいシーズンとなるように、みなさん共に頑張りましょう!」

■中野嘉大
「ベガルタ仙台から移籍してきました中野嘉大です。自分の力を評価していただいたこのクラブでプレーしたいと思い、移籍を決断しました。これから、更に上を目指していくクラブの力になれるように1日も早く適応してチームに貢献できるように頑張ります。よろしくお願いします!」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る