FOLLOW US

G大阪U23監督の實好礼忠氏、京都のトップチームコーチ就任「全力で」

京都のコーチ就任が決まった實好礼忠氏(写真は2016年) [写真]=Getty Images

 ガンバ大阪U-23の實好礼忠監督が、京都サンガF.C.のトップチームにてコーチに就任することが決まった。両クラブが10日に発表している。

 實好氏は1972年生まれの46歳。選手時代は1995年から2007年までG大阪一筋でプレーし、Jリーグ通算236試合出場1得点を記録した。引退後は指導者に転身し、2008年からG大阪ユースのコーチやトップチームのコーチ、ヘッドコーチを歴任。2014年から2年間に渡って名古屋グランパスのトップチームコーチを務めた後、2016年にG大阪へ復帰してU-23チームやユースチームの監督を務めていた。

 退任にあたり、實好氏はG大阪の公式HPを通じて以下のようにコメントしている。

「今シーズンをもちまして退団することになりました。ガンバ大阪を離れることはとても寂しいです。ユース、U-23、トップの選手、スタッフ、サポーターの皆様、そして様々な経験をさせてくれたクラブに感謝いたします。ありがとうございました」

 そしてトップチームのコーチ就任にあたり、京都の公式HPを通じて以下のようにコメントしている。

「2019シーズンよりコーチに就任する實好礼忠です。チームの目標達成のために全力で取り組みます。京都の皆さん、どうぞよろしくお願いいたします」

 京都は来季に向け、中田一三氏の新指揮官就任が決定。實好氏をコーチへ迎え入れ、新体制で新シーズンに臨む。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA