2018.11.28

名古屋、J1最終節で来季ユニフォームを着用…残留懸かる大一番の湘南戦

名古屋グランパス
16位でJ1最終節を迎える名古屋グランパス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 名古屋グランパスは28日、来季のユニフォームデザインを発表するとともに、来月1日に行われる明治安田生命J1リーグ第34節(最終節)湘南ベルマーレ戦で同ユニフォームを着用することが決まったと発表した。

 名古屋によると、ホーム最終戦での翌シーズンのユニフォーム着用はクラブ史上初とのこと。名古屋は新ユニフォームのデザインコンセプトを公式HPにて説明するとともに、湘南戦にて、新ユニフォームと同じデザインをあしらった「グランパス応援フラッグ」を来場者に配布することも発表している。

 名古屋は「ピッチの選手たちが纏う戦闘服と同じデザインのフラッグを手に、来る2019シーズンへ繋げるべく、名古屋グランパスで一体となり最終節を闘いましょう!」とメッセージを記している。

 名古屋は明治安田生命J1リーグ第33節を終えて12勝4分け17敗、勝ち点「40」で16位。最終節で対戦する14位の湘南、そして15位のサガン鳥栖と勝ち点で並び、最終決戦に臨む。勝てば15位以上でのフィニッシュとなってJ1自動残留が決まる一方、引き分けか負けに終わった場合には他会場の結果次第で16位フィニッシュが決まり、J1参入プレーオフに回ることとなる。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る