2018.11.22

今季はピッチ内外で大活躍! 大分FW三平和司のヒーローインタビュー集

今季2桁得点を達成し、J1昇格に貢献した三平和司 [写真]=J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 明治安田生命J2リーグで2位となり、6年ぶりのJ1昇格を決めた大分トリニータ。その原動力となったのがFW三平和司だ。今季、三平がゴールを決めた試合は8戦全勝という“勝利のジンクス”が誕生。30試合で10得点を記録し、J1昇格に大きく貢献している。

 今季はピッチ内での活躍に加え、ピッチの外での明るいキャラクターがJリーグファンの間で一躍話題に。ゴールを決めれば渾身のガッツポーズを見せ、試合後にはサポーターの前でキレキレのダンスを披露。そのパフォーマンスはDAZNで配信されているJ2・J3プレビューショーでも取り上げられた。

 今季のヒーローインタビューで多くの名言(?)を残した三平の言葉を紹介する。

第14節 vsFC岐阜

[写真]=J.LEAGUE

前半終了間際に失点を喫したが、後半立ち上がりに伊佐耕平がコースを突くシュートを流し込み、同点に追いつく。その後、岐阜の猛攻を受けるがGK高木駿が好セーブを連発する。そして迎えた後半アディショナルタイム、エリア内でシュートのこぼれ球を拾った途中出場の三平がゴールにねじ込みホームで劇的な逆転勝利。三平の活躍で2連勝を挙げた。

 

――見事な今季初ゴールでした。
三平 あざっす!

――今日はどういう気持ちでピッチに入ったのでしょうか?
三平 今日は母の日だったので『お母さん! 俺、絶対に決めるから!』という気持ちですね。

――それは伝えていたのですか?
三平 いや、伝えていないですね……。

――ゴールで見せたということでいいですか?
三平 そうですね! お母さん、ありがとう!


第27節 vsアルビレックス新潟

[写真]=J.LEAGUE

前半に那須川将大の今季初得点で大分が先制に成功する。後半開始からわずか14秒、右サイドから攻撃を仕掛けると小手川宏基のクロスを三平が押し込んで追加点。サポーターに向かって渾身のガッツポーズを見せた。51分には抜け出した三平がゴールネットを揺らし、決定的な3点目を奪った。さらに67分には小手川が4点目を挙げ、大分が4-0と快勝した。

 

――2点目は丸谷選手からのパスから生まれました。
三平 あれオウンゴールじゃないですからね! やめてくださいよ! 絶対に俺のゴールですからね!

――気持ちの入ったゴールでしたね。
三平 そうですね。その通りです!

――暑さの中、かなりタフな試合で4-0。この勝利は大きいですね。
三平 アトゥイですね!

――では、次に向けて一言お願いします。
三平 アトゥーーーイ!!!


第39節 vs松本山雅FC

[写真]=J.LEAGUE

大分にとっては勝てば首位奪取となる重要な一戦。互いに手堅い入りで緊迫した展開が続く中、その均衡を破ったのは三平だった。32分、気迫溢れるスライディングタックルでボールを奪い返すと、細かいパスワークで一気に松本のゴール前へ。最後は藤本憲明からのパスを左足で沈め、これが天王山の決勝点に。この勝利で大分は松本をかわし首位に立った。

 

――勝ち点3は三平選手のゴールから生まれました。
三平 いい流れで来たので、あのシュートは俺しか決めれなかったと思うんですけど。しっかり! 左足で! ドライブシュートで決めてやりましたよ!

――目力がすごいですが、今日の試合は強い気持ちで入ったのでしょうか?
三平 そうですね。あの……。すみません、質問を聞いていませんでした(泣)

――この勝利で首位が入れ替わりました。
三平 昨日、息子に『明日の松本戦勝てるかな?』って聞いたら、『あぅ』って言ったので。何て言ったか分かります?

――勝てるよ?
三平 『勝つ!!!』って言いました!


欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る