2018.11.16

今季18戦出場の岡山DF後藤圭太、右ひざ半月板損傷で手術…全治6~8カ月

ファジアーノ岡山
ファジアーノ岡山はFW齊藤和樹の第2子誕生を発表
サッカー総合情報サイト

 ファジアーノ岡山は16日、DF後藤圭太が今月14日に手術を受けたと発表した。同選手は右ひざ半月板損傷と診断され、全治は6~8カ月の見通しとなっている。



 後藤は1986年生まれの31歳。鹿島アントラーズの下部組織出身で、2005年にトップチームへ昇格した。そこからファジアーノ岡山を経て、2015年に松本山雅FCへ完全移籍で加入。昨年12月に岡山への完全移籍が決まり、古巣復帰となった。今季は明治安田生命J2リーグ第41節終了時点で18試合出場2得点を記録している。

 後藤は8月26日に行われた明治安田生命J2リーグ第30節の水戸ホーリーホック戦でも負傷し、31日に右ひざ関節遊離骨片除去手術を受けた。当時は全治6~8週間と診断され、水戸戦後はピッチに立っていなかった。

 岡山は今季、明治安田生命J2リーグ第41節終了時点で14勝11分け16敗、勝ち点「53」で14位。17日の最終節では、大宮アルディージャをホームに迎える。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
85pt
マンチェスター・C
83pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
67pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
58pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
74pt
アトレティコ・マドリード
65pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ナポリ
67pt
インテル
60pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
大分
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
19pt
山形
18pt
大宮
17pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る