2018.11.14

FC東京、MF梶山陽平が今季限りで現役引退…7月より新潟にレンタル中

梶山陽平
FC東京の梶山陽平が現役引退を表明 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FC東京は14日、MF梶山陽平が今季限りで現役を引退すると発表した。同選手は今年7月よりアルビレックス新潟に期限付き移籍している。24日に味の素スタジアムで行われる2018明治安田生命J1リーグ第33節・川崎フロンターレ戦で引退セレモニーが行われる予定だ。

 現役を退くにあたり、梶山はFC東京のクラブ公式HPでコメントを発表。思いの丈を綴った。

「このたび、今シーズン限りでの現役引退を決めました。11歳の時にサッカースクールに入会し人生の三分の二である22年間をFC東京でサッカーをすることが出来て、とても幸せでした。良い時も悪い時も、ファン・サポーターのみなさんと共に歩むことができ、いつも変わらず応援していただきました。本当にありがとうございました。唯一、FC東京での心残りはJ1リーグで優勝出来なかったことです。ただ近い将来、ファン・サポーターのみなさんと共に必ず優勝できると確信しています。これからもFC東京を応援していただき、共に戦ってください。本当にたくさんのご声援ありがとうございました」

 また、同選手は新潟のクラブ公式HPにもコメントを寄せ、感謝を述べている。

「このたび、今シーズン限りでの現役引退を決めました。今年の夏にアルビレックス新潟に加入し、多くのファン・サポーターの方に声をかけていただき、監督以下選手・スタッフも温かく迎えてくれました。少しでもチームの力になりたかったのですが、怪我をして何もできず、残念であり大変申し訳なく思っています。ただ、ここで出会った仲間やファン・サポーターは私の宝物です。来シーズンは必ずJ1に昇格できると信じています。これからもずっと応援しています。本当にありがとうございました」

 梶山は1985年9月24日生まれの現在33歳。東京都出身で、FC東京の下部組織から2004年にトップチームへ昇格した。同年はJリーグヤマザキナビスコカップ(現・JリーグYBCルヴァンカップ)優勝を経験。2009年にも同大会制覇に貢献したほか、2011年はJ2リーグ優勝と第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会優勝も味わっている。2013年にはパナシナイコス(ギリシャ)、大分トリニータでもプレーした。翌2014年より再びFC東京に在籍。そして今季はJ1での出場機会がなく、7月より新潟に期限付き移籍し、J2リーグ戦3試合に出場していた。通算成績は、J1リーグ267試合出場16得点、J2リーグ37試合出場6得点、J3リーグ13試合出場0得点。また、同選手はアンダー世代の日本代表としても活躍し、2008年には北京オリンピックにも出場した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る