2018.11.10

川崎、史上5クラブ目のJ1連覇を達成…G大阪は破竹の8連勝/J1第32節

川崎フロンターレ
J1リーグ連覇を成し遂げた川崎フロンターレ [写真]=J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 明治安田生命J1リーグ第32節が11月6日、10日に各地で行われた。

 首位を走る川崎フロンターレはセレッソ大阪と対戦。試合には1-2で敗れたものの、2位のサンフレッチェ広島もベガルタ仙台に0-1で敗れたため、川崎は史上5クラブ目となるJ1リーグ連覇を成し遂げた。

 ここまで7連勝と絶好調のガンバ大阪はホームに湘南ベルマーレを迎えた。元日本代表MF遠藤保仁がJ1リーグ通算600試合出場を達成した同試合では、韓国代表FWファン・ウィジョの出場6試合連続ゴールが決勝点に。8連勝を記録し、J1リーグ残留を確定させた。

 白熱するJ1リーグ残留争いもいよいよ最終章に突入。最下位に沈むV・ファーレン長崎は13位の横浜F・マリノスとホームで対戦し、0-1で敗れた。この結果、長崎はJ2自動降格圏の17位以下でシーズンを終えることが確定。しかし、17位の場合はJ2リーグの最終順位次第でJ1参入プレーオフ決定戦に回る可能性がまだ残されている。鹿島アントラーズに2-3で敗れた17位の柏レイソルも、次節敗れると無条件で17位以下でのシーズン終了が決定する。

 今節の結果は以下のとおり。

■J1第32節全結果
柏レイソル 2-3 鹿島アントラーズ
北海道コンサドーレ札幌 1-2 浦和レッズ
FC東京 0-0 ジュビロ磐田
清水エスパルス 2-0 名古屋グランパス
セレッソ大阪 2-1 川崎フロンターレ
ヴィッセル神戸 0-0 サガン鳥栖
サンフレッチェ広島 0-1 ベガルタ仙台
V・ファーレン長崎 0-1 横浜F・マリノス
ガンバ大阪 1-0 湘南ベルマーレ

■J1順位表
1位 川崎(勝ち点63/得失点差+27)
2位 広島(勝ち点56/得失点差+13)
3位 鹿島(勝ち点52/得失点差+8)
4位 札幌(勝ち点51/得失点差-2)
5位 FC東京(勝ち点50/得失点差+8)
6位 浦和(勝ち点48/得失点差+12)
7位 清水(勝ち点47/得失点差+8)
8位 C大阪(勝ち点47/得失点差+3)
9位 G大阪(勝ち点45/得失点差-4)
10位 仙台(勝ち点45/得失点差-6)
11位 横浜FM(勝ち点41/得失点差+2)
12位 神戸(勝ち点41/得失点差-8)
13位 磐田(勝ち点41/得失点差-10)
14位 湘南(勝ち点37/得失点差-6)
15位 鳥栖(勝ち点37/得失点差-6)
16位 名古屋(勝ち点37/得失点差-8)
17位 柏(勝ち点33/得失点差-12)
18位 長崎(勝ち点29/得失点差-19)

■J1第33節対戦カード(11月24日) 
14:00 仙台 vs 鹿島
14:00 FC東京 vs 川崎
14:00 湘南 vs 浦和
14:00 清水 vs 神戸
14:00 磐田 vs 札幌
14:00 G大阪 vs 長崎
14:00 C大阪 vs 柏
14:00 広島 vs 名古屋
14:00 鳥栖 vs 横浜FM

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
沼津
49pt
Jリーグ順位をもっと見る