FOLLOW US

讃岐、9年間率いた北野誠監督が今季で退任…四国L、JFLを経てJ2へ導く

2010年から讃岐を率いている北野誠監督 [写真]=Getty Images

 カマタマーレ讃岐は6日、北野誠監督が今季限りで退任することが決まったと発表した。

 北野監督は1967年生まれの51歳。2010年から讃岐の指揮を執り、当時は四国リーグ所属だった同クラブを就任1年目でJFL昇格へ導いた。2013年にはJFLで2位に入り、入れ替え戦を制してJ2昇格へと導いた。

 2014年から所属するJ2では、1年目が21位で入れ替え戦に回ることとなったが、残留を果たした。2015年は16位、2016は19位と推移。昨季は明治安田生命J2リーグで8勝14分け20敗、勝ち点「38」で19位だった。

 そして9年目の今季、明治安田生命J2リーグ第40節を終えて7勝10分け23敗、勝ち点「31」で最下位。21位のロアッソ熊本と同勝ち点で、21位以下でのフィニッシュはすでに確定している。21位でシーズンを終え、明治安田生命J3リーグの2位がJ2ライセンスを持たないクラブだった場合はJ2降格を免れることとなる。

 なお讃岐は「残り試合の指揮に集中したい本人の意向に配慮し、11月17日(土)2018明治安田生命J2リーグ第42節 京都サンガF.C.戦終了後、最終戦セレモニーにて退任ご挨拶を行わせていただきます。また、最終戦セレモニー終了後、監督退任記者会見を実施いたします」と公式HPに記している。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA