2018.10.18

英メディアがヴェンゲル氏の新天地を予想…本命はPSG、日本も候補に

ヴェンゲル
ヴェンゲル氏の新天地はどこに? [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 前アーセナル指揮官のアーセン・ヴェンゲル氏は17日、早ければ来年1月にも監督業を再開すると明言した。これにより、同氏の新天地がどこになるか注目が集まっているが、イギリスメディア『スカイスポーツ』がその候補をオッズと共に紹介している。

 ドイツ紙『ビルト』は17日、「1月1日から再び(監督業を)始めると信じている。(新天地は)まだわからない。休養をして、再び仕事を始める準備ができているんだ」というヴェンゲル氏のコメントを伝えた。同氏はさらに「各協会や代表チームからの接触もある」と話し、クラブチームのみならずナショナルチームも選択肢にあることを明かしている。

 そんな中、『スカイスポーツ』はパリ・サンジェルマン(PSG)を“本命”に挙げた。同メディアはPSGがトーマス・トゥヘル新監督の下で好調を維持していることに触れ、スポーツダイレクターとしてのヴェンゲル氏加入を予想している。オッズは7倍だ。これにオッズ9倍で続くのが、レアル・マドリード。同クラブは今シーズン、フレン・ロペテギ氏を新指揮官に迎えたが、現在公式戦4試合連続無得点に陥るなど、期待に応えられていない。そのため、ヴェンゲル氏をロペテギ氏の後任候補と考えている。

 一方、ドイツ行きも有力候補の1つだ。バイエルンはニコ・コヴァチ監督の下でブンデスリーガ開幕から4勝1分け2敗と波に乗り切れず、解任の噂が立っている。コヴァチ氏の後釜候補として、オッズは12倍となった。また、かつて名古屋グランパスエイト(現・名古屋グランパス)を率いたヴェンゲル氏は「日本に戻るかもしれない」ともコメントしている。そのため、オッズ17倍ではあるものの、日本も新天地候補に入った。森保一氏が代表監督に就任して間もないため、同メディアはアドバイザー的役職での就任を予想している。なお、オッズ21倍でマンチェスター・Uと中国クラブも新天地候補に挙げられた。

 アーセナルで22シーズンにわたって長期政権を築いただけに、その動向には世界中から注目が集まっている。ヴェンゲル氏は今後どのような決断を下すだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
44pt
リヴァプール
42pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
35pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る