FOLLOW US

英メディアがヴェンゲル氏の新天地を予想…本命はPSG、日本も候補に

ヴェンゲル氏の新天地はどこに? [写真]=AMA/Getty Images

 前アーセナル指揮官のアーセン・ヴェンゲル氏は17日、早ければ来年1月にも監督業を再開すると明言した。これにより、同氏の新天地がどこになるか注目が集まっているが、イギリスメディア『スカイスポーツ』がその候補をオッズと共に紹介している。

 ドイツ紙『ビルト』は17日、「1月1日から再び(監督業を)始めると信じている。(新天地は)まだわからない。休養をして、再び仕事を始める準備ができているんだ」というヴェンゲル氏のコメントを伝えた。同氏はさらに「各協会や代表チームからの接触もある」と話し、クラブチームのみならずナショナルチームも選択肢にあることを明かしている。

 そんな中、『スカイスポーツ』はパリ・サンジェルマン(PSG)を“本命”に挙げた。同メディアはPSGがトーマス・トゥヘル新監督の下で好調を維持していることに触れ、スポーツダイレクターとしてのヴェンゲル氏加入を予想している。オッズは7倍だ。これにオッズ9倍で続くのが、レアル・マドリード。同クラブは今シーズン、フレン・ロペテギ氏を新指揮官に迎えたが、現在公式戦4試合連続無得点に陥るなど、期待に応えられていない。そのため、ヴェンゲル氏をロペテギ氏の後任候補と考えている。

 一方、ドイツ行きも有力候補の1つだ。バイエルンはニコ・コヴァチ監督の下でブンデスリーガ開幕から4勝1分け2敗と波に乗り切れず、解任の噂が立っている。コヴァチ氏の後釜候補として、オッズは12倍となった。また、かつて名古屋グランパスエイト(現・名古屋グランパス)を率いたヴェンゲル氏は「日本に戻るかもしれない」ともコメントしている。そのため、オッズ17倍ではあるものの、日本も新天地候補に入った。森保一氏が代表監督に就任して間もないため、同メディアはアドバイザー的役職での就任を予想している。なお、オッズ21倍でマンチェスター・Uと中国クラブも新天地候補に挙げられた。

 アーセナルで22シーズンにわたって長期政権を築いただけに、その動向には世界中から注目が集まっている。ヴェンゲル氏は今後どのような決断を下すだろうか。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA