2018.09.21

【長崎vs仙台プレビュー】長崎は前節ハットトリックの鈴木が好調を維持…仙台は頼もしさ増す奥埜が古巣対決に意欲

リーグ前節の名古屋戦ではプロ初のハットトリックを記録。鈴木武蔵は連続弾を狙う [写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■V.ファーレン長崎 前節の名古屋撃破でチームに自信と活気が戻る

【プラス材料】
 リーグ前節の名古屋戦を4-3で勝利し6連敗を阻止。7連勝中で絶好調だった相手を敵地で破ったことでチームには自信と活気が戻ってきた。なかでもプロ初となるハットトリックを達成し、勝利の立役者となった鈴木武蔵は、トレーニングでも鋭いシュートを見せており好調を維持。今節も得点の期待が濃厚だ。

 チーム全体でも、8月のタイトなスケジュールから解放されたことでコンディションが上がってきていることに加えて、十分に時間をかけたスカウティングに基づくトレーニングを行うことができており、迷いなくゲームに入っていけると思われる。仙台戦は3バック同士のミラーゲームとなると見られているが、ミラーゲームの経験値で仙台を上回っている点も好材料となるだろう。

【マイナス材料】
 前節の名古屋戦では大量得点の一方で3失点。組織的に崩されたというよりも個人技で奪われたものではあるが、リーグ最多失点中の守備の問題は解消されていない。仙台戦では警告の累積により徳永悠平が出場停止。田上大地、チェ・キュベックも体調不良でトレーニングを一日休んでおり、仙台戦を前に守備に手薄感があるのは懸念材料だ。

 徳永に代って起用される予定のヨルディ・バイスは対人の強さはあるがディフェンスラインを下げてしまうことがあり、守備の軸である髙杉亮太の負担は大きなものとなると思われる。

 また総失点数の約半分がセットプレーからのものであるが、仙台には梁勇基といった優れたキッカーや、ハーフナー・マイクといった空中戦に強い選手がおり、試合終盤のパワープレーにも特に警戒が必要となるだろう。

文:totoONE編集部

■ベガルタ仙台 連勝達成も得点はオウンゴールのみ、控え選手の奮闘を望む

【プラス材料】
 仙台はリーグ前節にFC東京を破り、連勝。なかなかシュートを打てない苦しい試合だったが、3位のチームを破って、勝ち点差を1に縮めた。結果を手にすることで得た自信が、最大のプラス材料だ。

 前節に無失点の守備陣では大岩一貴やシュミット・ダニエルといった選手たちの活躍が目を引くが、その前のボランチの好調さにも目を向けたい。特に奥埜博亮は、2013年途中から2014年まで今節の相手、長崎に所属していた。“古巣対決”を慣れ親しんだトラスタで迎えることでモチベーションが高い。この奥埜の存在が頼もしい。

 そして、新たに加わったハモン・ロペスのコンディションが良いことも好材料。前節はわずかな時間の出場で、枠内シュートを放った。さらに調子を上げれば、仙台の新たな武器となる。

【マイナス材料】
 長崎との対戦は2度目。前回戦ったリーグ第5節で、仙台は1-0で勝利したのだが、内容は“負け試合”といって差し支えないものだった。相手のプレッシャーを受けてパスミスが続出し、守備も何度となく崩された。相手のシュートミスがなければ複数失点もありえた内容で、この苦手意識が最大のマイナス要因だ。

 さらに、この時に得点した西村拓真は、CSKAモスクワに移籍してもう仙台にはいない。彼に代わってゴールできるような、新たな得点源が台頭しなければ苦しい。前節の唯一の得点も、相手オウンゴールによるものだった。

 また、16日に石巻で行われた仙台大学との試合で、FC東京戦に先発しなかった選手たちのチームが0-1で敗戦した。控え選手の奮起が望まれることも気がかりだ。

文:totoONE編集部

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
10pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
6pt
C大23
6pt
藤枝
6pt
Jリーグ順位をもっと見る