FOLLOW US

【FC東京vs神戸プレビュー】FC東京は新加入のリンスと決定機を多く作る富樫が好調…神戸はイニエスタが一時帰国も試合内容に手ごたえ

今夏、FC東京に加入したリンスは、早くもチームの重要なピースになりつつある [写真]=J.LEAGUE

■FC東京 今夏に新加入したリンスが、前節の鹿島戦で移籍後初ゴール

【プラス材料】
 リーグ前々節・長崎戦での痛い敗戦から中4日で立て直しを図り、前節は鹿島に対して敵地で2-1と逆転勝利をつかんだ。何より、今夏に新加入したリンスが、永井謙佑からのパスを受けて移籍後初ゴールをマークした点は大きい。元々、追加点を奪って試合を締めるような「終盤15分間の戦い方」が課題だっただけに、途中出場の永井とリンスのコンビで決勝点を挙げたことは、大きなはずみとなる。

 また、鹿島戦では、前線からのプレスや裏への飛び出しが持ち味の富樫敬真に初ゴールが生まれた。決定機を演出しながらも自身のゴールがなく、苦しんでいた富樫だが、このゴールをきっかけに流れに乗りそうだ。選手層に厚みが生まれ、攻撃のバリエーションが高まることだろう。

【マイナス材料】
 第2節の仙台戦以降、全試合に出場していた橋本拳人が足を負傷。けがの程度は不明だが、欠場の可能性が高い。前節は、橋本の不在を米本拓司と髙萩洋次郎がきっちりと埋めたが、この暑さの下では選手の“ターンオーバー”は必須と言えるだろう。橋本の離脱は、総合力という点で大きな痛手だ。

 また、チームが好調な時は、全員のハードワークや攻守の素早い切り替え、絶え間のないスプリント力が目立っていた。その反動で疲労は確実に蓄積されており、90分の中で集中を切らす時間帯が出てしまっても致し方ない。事実、ここ3試合で隙を突かれる形での失点が続いていることは気がかりだ。

 良い内容で鹿島に勝利した「直後」こそ、真の力が問われる。長崎戦のように精神的な緩みが出て、出足や寄せの早さで相手を下回ると、苦戦を強いられるだろう。

文:totoONE編集部

■ヴィッセル神戸 ACL出場圏内の3位・川崎との勝ち点差はわずか4

【プラス材料】
 リーグ前節のC大阪戦は、先制を許しながらも後半に追いつき1-1の引き分けに。順位は4位から5位に落ちたが、目標であるACL出場圏内の3位・川崎とはわずか勝ち点4差と、チームのモチベーションは高い。

 アンドレス・イニエスタが一時帰国で不在だったが、試合内容も悪くはなかった。吉田孝行監督も「同点にしたことは評価できる」と選手たちを讃えている。また、新加入の大﨑玲央がチームにフィットし、持ち味の堅守と高いビルドアップ能力を披露。守備の安定感が増したことで、今節のF東京のような上位陣との対戦も力負けはなさそう。

 攻撃では右サイドハーフの増山朝陽が好調。C大阪戦でも力強いドリブルで、相手にとって嫌な存在になっていた。

【マイナス材料】
 前節のC大阪戦後、吉田監督はアウェイでの勝ち点1確保について「目標(ACL出場権獲得)を考えたら、引き分けでは満足できない」と振り返った。試合内容も「強引に仕掛けるとかワンツーでいくとか、思い切りの良さが足りなかった」と話した。結果も内容も、及第点には届かなかったという印象だ。

 また、けが人が多いのもマイナス材料のひとつ。人材が薄いポジションは、中3日の過密日程を考えると、今節のF東京戦はやりくりがかなり厳しい。特に藤谷壮、高橋峻希が負傷している右サイドバックは、おそらく三原雅俊が務める。連戦になる点はコンディション面で不安材料だ。左サイドバックのティーラトンも連戦が続いており、疲労度が気になるところだ。

 攻撃ではウェリントンの復調がポイントに。ここ3試合無得点と、相手のマークも厳しくなっている。

文:totoONE編集部

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO